ニイジマ ノリコ   Noriko Niijima
  新島 典子
   所属   動物看護学部 動物看護学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/01
形態種別 その他
標題 澤井敦著『死と死別の社会学―社会理論からの接近―』(2005年、青弓社)
執筆形態 単著
掲載誌名 東京大学大学院人文社会系研究科21世紀COE「死生学の構築」『DALSニューズ レター』第16号、 2~3頁
概要 現代社会におけるさまざまな動向・背景や価値観が反映された死や死別への問い直しに対して、社会理論を駆使して対峙する本書は、原著者が、自身の死別体験を契機に改めて向き合った死と死別について7章構成でまとめた作品である。
とはいえ、本書では、私的な体験を対象にしているわけではない。自らの体験を「近代社会、あるいは現代社会という広範な文脈の中に位置づけて」みせるという本書での意図がいかに完遂されているかについて、本書評論文では論じている。