(最終更新日:2022-02-28 17:55:23)
  オオサワ アヤ   Oosawa Aya
  大澤 彩
   所属   東京医療学院大学  保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻教員
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
身体障害作業療法学, リハビリテーション科学 (キーワード:リハビリテーション、作業療法) 
■ 所属学会
1. 2022/02~ 日本作業行動学会
2. 2020/10~ 日本高次脳機能障害学会
3. 2019/04~ 東京都作業療法士会
4. 2017/10~ 日本作業療法教育研究会
5. 2013/12~ 日本作業療法研究学会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2020~ 日本リハビリテーション連携科学学会 理事
2. 2017~ 日本作業療法学会 演題査読委員
3. 2009~2013 神奈川県作業療法士会 ウェブサイト管理委員
4. 2008/01~2010/01 日本作業療法士協会 学術部 内部障害委員
■ 著書・論文歴
1. 2022/03 論文  乳がん術後患者のリハビリテーションにおける理学療法士・作業療法士の認識 -セラピストへの調査- 日本作業療法研究学会雑誌 24(2) (共著) 
2. 2021/02 著書  ゴールドマスター 作業学(第3版)   (共著) 
3. 2021/02 著書  ゴールドマスター 精神障害作業治療学(第3版)   (共著) 
4. 2018/04 著書  がんのリハビリテーション  53-68頁 (共著) 
5. 2017/03 論文  昭和大学における作業療法士臨床教員制度の導入 リハビリテーション教育研究 (22号),230-231頁 (共著) 
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 2019/09 TFCC損傷に対する関節鏡下縫合術後の関節可動域変化と手関節痛について(題53回日本作業療法学会)
2. 2019/09 全盲スイマーを支援するタッパーの現状(第2回日本障がい者スポーツ健康科学看護学会)
3. 2018/12 化学療法を受ける大腸がん患者の栄養状態に関する研究 ~がん患者栄養スクリーニング(mGPS)を用いて~(日本リハビリテーション医学会)
4. 2018/12 能動的活動を主とした集団プログラムが認知症者へ与える影響について~8か月経過のタイプ別分析~(日本高次脳機能障害学会)
5. 2018/11 男女の3次元大腰筋モデルを用いた大腰筋体積と大腰筋の特定部位面積との相関について.(日本リハビリテーション医学会 第2回秋季大会)
全件表示(38件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  急性期脳卒中高次脳機能障害に対する音楽リハビリテーションの開発と有効性の検証 基盤研究(C) 
2. 2011/04~2012/03  業務性の手の有痛性障害―作業療法士の調査を通じて その他の補助金・助成金 
3. 2008/04~2009/03  乳がん術後のADLとQOL -作業療法介入の必要性の検討- その他の補助金・助成金 
4. 2008/04~2009/03  乳がん術後リハビリテーション~施術や情報提供に対する患者の認識~ その他の補助金・助成金 
■ 講師・講演
1. 2020/11 品川区における高次脳機能障害者の就労支援2020 高次脳機能障害専任相談員の立場から
2. 2019/02/22 高次脳機能障害者の障害受容について(品川区立心身障害者福祉会館)
■ 受賞学術賞
1. 2015/03 筑波大学人間総合科学研究科生涯発達科学専攻長賞
2. 2004/03 昭和大学医療短期大学賞
■ 学歴・学位
1. 2012/04~2015/03 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 生涯発達科学専攻 博士後期課程修了 博士 博甲第7391号
2. 2006/04~2008/03 筑波大学大学院 教育学研究科 リハビリテーションコース 修士課程修了 修士 修甲第21314号
3. 1993/04~1997/03 学士
■ 職歴
1. 2019/04~ 東京医療学院大学 保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻教員 准教授
2. 2015/05~ 筑波大学大学院 人間総合科学研究科生涯発達科学専攻 客員研究員(非常勤)
3. 2011/05~ 品川区心身障害者福祉会館 障害者生活支援センター 高次脳機能障害専任相談員(非常勤)
4. 2010/04~2019/03 昭和大学 保健医療学部 作業療法学科 専任講師(平成25年3月~臨床講師兼任)
5. 2007/04~2009/12 東京医科歯科大学医学部附属病院 リハビリテーション部
全件表示(6件)