(最終更新日:2018-05-29 08:25:45)
  シラキ タイチ   shiraki taichi
  白木 太一
   所属   文学部 歴史学科
   職種   教授
■ 科研費研究者番号
25370874
■ 学歴
1. 1978/04~1982/03 早稲田大学 第一文学部 西洋史専修 卒業
2. 1982/04~1985/03 早稲田大学大学院博士前期課程 文学研究科 西洋史専攻 修士課程修了
3. 1985/04~1992/08 早稲田大学大学院博士後期課程 文学研究科 西洋史専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 1986/10~1989/10 ワルシャワ大学 歴史研究所 留学
5. 2002/03
(学位取得)
早稲田大学 文学博士
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2008/04~2010/03  18世紀後半のポーランド・リトアニア連邦におけるシュラフタ(貴族)の社会史的研究 その他の補助金・助成金 
2. 2013/04~2016/03  18世紀ポーランドにおける公共論の変遷について 科学研究費助成金(基盤研究C) 
■ 職歴
1. 1990/04~1995/03 早稲田中・高等学校 講師
2. 1990/04~2007/03 早稲田実業学校中・高等部 講師
3. 1992/09~2008/03 東洋大学 文学部 非常勤講師
4. 1993/04~2016/03 早稲田大学 文学部 非常勤講師
5. 1993/04~1994/03 桐朋学園高等学校音楽部 非常勤講師
全件表示(16件)
■ 所属学会
1. 1980/04~ 東欧史研究会
2. 2000/04~2003/03 ∟ 編集委員
3. 2012/04~2016/03 ∟ 委員長
4. 1982/04~ 早稲田大学史学会
5. 1982/04~ 早稲田大学西洋史研究会
全件表示(14件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  ポーランドの高校歴史教科書からみた近世ポーランド・リトアニア共和国ー第二次大戦後歴史教科書の変遷を踏まえた現行教科書の位置づけ― (共著) 2017/06
2. 著書  新版 一七九一年五月三日憲法 (ポーランド史叢書2) (単著) 2016/06
3. 著書  ポーランドにおける歴史教育の一側面-高校歴史教科書(20世紀編)の分析を通じて- (共著) 2016/05
4. 著書  1791年5月3日憲法(ポーランド史史料叢書第1巻) (単著) 2013/12
5. 著書  (共訳書) ローザ・ルクセンブルク全集 第1巻 小林勝責任編集 (共著) 2012/03
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. 1984/02/25 スタニスワフ・コナルスキの教育改革(東欧史研究会例会)
2. 1986/06/28 ポーランド国民教育委員会(1773-94年)における身分別教育再編の試み(東欧史研究会例会)
3. 1990/10 「18世紀ポーランドにおける国制改革論の分析」(早稲田大学史学会大会)
4. 1991/05 「ポーランド歴史学における分割論の推移-戦後の国制史研究を中心にー」(日本西洋史学会第41回大会)
5. 1992/07 「フーゴ・コウォンタイの『ポーランド国民の政治的権利』にみる18世紀ポーランドにおける社会変革の試み」(東欧史研究会例会)
全件表示(32件)