(最終更新日:2019-11-13 09:49:53)
  フシキ カオリ   fushiki kaori
  伏木 香織
   所属   文学部 人文学科
   職種   准教授
■ 学歴
1. 1990/04~1995/03 東京芸術大学 音楽学部 楽理科 卒業 学士(音楽)(東京芸術大学)
2. 1996/02~1998/02 インドネシア国立芸術大学 デンパサール校 伝統音楽科 留学
3. 1999/04~2001/03 大正大学 比較文化研究科 比較文化専攻 修士課程修了 文学修士(大正大学)
4. 2001/04~2004/03 大正大学 比較文化研究科 比較文化専攻 博士課程修了 博士(文学)(大正大学)
■ 現在の専門分野
文化人類学, 民族音楽学, 東南アジア研究 (キーワード:文化人類学、民族音楽学、東南アジア研究) 
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2006/07~2007/06  Reconsideration of Local Identity through Performing Arts in the Era of Otonomi Daerah 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2009/09  API Fellowship Regional Project in Biwako Special Focus on the Theme "Community-BasedInitiatives toward Human and Ecological Balance" その他の補助金・助成金 
3. 2011/01~2011/04  音と「もの」と人の連関性 その他の補助金・助成金 Link
4. 2012/04~2013/03  シンガポールの南音:形成、担い手たち、音楽の伝承とそれに関わる海外ネットワーク 競争的資金等の外部資金による研究 Link
5. 2013/11~2013/11  Heritageの形成--シンガポールの南音に見る人と音の移動が紡ぐ文化遺産としてのパブリック・メモリー 個人研究 
全件表示(7件)
■ 職歴
1. 1998/04~2007/05 日本民俗音楽研究所 非常勤研究員
2. 1999/04~2000/03 板橋区公文書館準備室 桜井徳太郎文庫 嘱託職員
3. 2001/03~2001/03 科研・日本音楽文献データベース 民俗音楽担当
4. 2001/12~2002/02 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 短期共同研究員
5. 2002/04~2014/03 東邦音楽大学 音楽学部音楽学科 非常勤講師
全件表示(18件)
■ 受賞学術賞
1. 2006/01 第4回 桜井賞大賞
■ 所属学会
1. 1995/08 日本ポピュラー音楽学会
2. 2011/01~2012/12 ∟ 学会誌編集委員
3. 2013/01~2014/12 ∟ 監査
4. 2015/01~2016/12 ∟ 会計担当理事
5. 2019/01~ ∟ 国際担当理事
全件表示(18件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  床呂郁哉・河合香吏編『ものの人類学2―人間と非人間のダイナミクス』   (共著) 2019/06Link
2. 著書  Ikuya, Tokoro and Kawai Kaori eds.An Anthropology of Things   (共著) 2018/04Link
3. 著書  João Sardinha and Ricardo Campos eds.Transglobal Sounds: Music, Youth and Migration.   (共著) 2016/08Link
4. 著書  津田浩司、櫻田涼子、伏木香織編『「華人」という描線―行為実践の場からの人類学的アプローチ』   (共著) 2016/03Link
5. 著書  Fushiki Kaori and Robin Ruizendaal eds.Potehi in Southeast Asia and Taiwan (in English and Chinese)   (共著) 2015/12
全件表示(35件)
■ 社会における活動
1. 2014/04~ NGO法人チャイルド・ファンド・ジャパン 里親会員
2. 2011/08~ ミュージック・ペンクラブ・ジャパン
■ 学会発表
1. 2005/03 「プロフェッショナルの誕生--「バリ文化」を表象するデンパサールのガムラン奏者たち」(日本文化人類学会、関東地区研究懇談会)
2. 2005/10 「「バリ文化」の表象-プロフェッショナル化したガムラン奏者たち」(東洋音楽学会、56回大会)
3. 2005/11 「国立民俗舞踊団」に投影されるナショナルな美学とは:文化政策、音楽産業をとりまく思想に注目して」(日本ポピュラー音楽学会、17回大会、ワークショップB)
4. 2006/06 「バリ島デンパサール市における地域文化の創造、伝承、変容--地域における女性ガムラン・グループが示すもの」(日本文化人類学会、40回大会)
5. 2007/06 シンポジウム(テーマ:ポピュラー音楽にみるローカリティ)(東洋音楽学会東日本支部33回定例研究会・日本ポピュラー音楽学会特別例会)
全件表示(39件)
■ 講師・講演
1. 2009/11 「バリ舞踊研究」(早稲田大学)
2. 2010/08 'Toword a New Anthro-cultural Understanding of "Sound" in the Balinese Music'(Research Institute of National University of Singapore)
3. 2012/02/15 Living a life with/beyond “Ajeg Bali”: a portrait of professional female Balinese Gamelan player “Bu Kocan”((School of Social Sciences, )University Malaysia Sabah (UMS), 東京外国語大学コタキナバル・リエゾンオフィス))
4. 2012/10/09 シンガポールの南音:形成、担い手たち、音楽の伝承とそれに関わる海外ネットワーク
5. 2012/12/18 東南アジア社会の社会秩序と宗教の関係~インドネシア、バリ社会の場合
全件表示(15件)
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1991~ 舞台公演
2. 2008 作曲・編曲
3. 2011 音楽ライター