ホシカワ ケイジ   hoshikawa keiji
  星川 啓慈
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/07
形態種別 単行本
標題 G・A・リンドベック著『教理の本質- ポストリベラル時代の宗教と神学』(翻訳書)
執筆形態 共著
出版社・発行元 ヨルダン社
著者・共著者 監修者:田丸徳善、共著者:星川啓慈、山梨有希子
概要 1984年に米国で出版された著作で、教理史・組織神学・教理神学・宗教哲学・宗教学などの分野で大論争を巻き起こした名著である。ウイトゲンシュタインの哲学・人文諸学・社会諸科学の成果を踏まえたうえで、「文化-言語的モデル」を立て、教理の役割を「文法」や「規則」のごときものとして、徹底的に機能的に解釈する。その教理理論は「教理の規則理論」と呼べよう。 (四六判  284頁)