ホシカワ ケイジ   hoshikawa keiji
  星川 啓慈
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/11
形態種別 単行本
標題 A.プランティンガ 『神と自由と悪と――宗教の合理的受容可能性』(翻訳書)
執筆形態 単著
出版社・発行元 勁草書房
概要 世界の様相論理学をリードする著者が、1960年代から華々しく展開した「可能世界」論を、神の存在の蓋然的擁護に応用した名著。最先端の論理学上の成果を用いながら、キリスト教を信じるという行為は、非合理的な行為ではなく、充分に合理的な行為であることを論理学的に論証している。第Ⅰ部「自然無神論」:A「悪の問題」、B「その他の無神論的議論」。第Ⅱ部「自然神学」:A「宇宙論的論証」、B「目的論的論証」、C「存在論的論証」 (四六判 xiv+211頁