ホシカワ ケイジ   hoshikawa keiji
  星川 啓慈
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/11/22
形態種別 学術雑誌
標題 書評: ヘルムート・ワーグナー著、佐藤嘉一監訳『アルフレッド・シュッツ――他者と日常生活世界の意味を問い続けた「知の巨人」』(明石書店、2018年)の出版に寄せて
執筆形態 単著
掲載誌名 綜合学術誌『アリーナ』
掲載区分国内
出版社・発行元 中部大学
巻・号・頁 (第21号),366-370頁
総ページ数 5頁
概要 ワーグナーによるこの大著『アルフレッド・シュッツ』は翻訳書で500頁を優に超えるが、それでも、著者が書いた2600頁の原稿の20パーセントほどであるという。つまり、準備した原稿の上澄みだけの内容なのである。それだけ、凝縮された内容であり、かなり厳密な論述なので、気軽にスラスラ読める著作ではない。そこで、この大著を以下のような観点から論評した。⑴シュッツに影響を与えた人々、⑵シュッツにおけるライプニッツの重要性、⑶シュッツとベルクソン、⑷シュッツとフッサール、⑸自然的態度の現象学、⑹超越論的現象学批判、⑺シュッツと宗教学との関係。