ホシカワ ケイジ   hoshikawa keiji
  星川 啓慈
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2009/03
形態種別 学術雑誌
標題 「ウィトゲンシュタインの〈神との和解〉――自己嫌悪する自分から〈あるがまま〉の自分へ
執筆形態 単著
掲載誌名 『宗教学・比較思想学論集』(筑波大学宗教学・比較思想学研究会編)
巻・号・頁 (10),1-16頁
概要 ウィトゲンシュタインは紛れもなく哲学であるが、彼が自分の人生でもっとも重要視したのは「神との和解」であった。1993年末に発見された『日記』の読解を通して、彼がいかに「神との和解」に至ったかを跡づけた。1937年の最初の2か月の日記の内容、すなわち、自分および神/キリスト教信仰に対する姿勢が種々のバリエーションを呈しながら、彼の生涯において示されている。すなわち、この2か月の間の内的/精神的ドラマに、「宗教者のウィトゲンシュタイン」のおおよそのキリスト教観が凝縮されているのである。彼は、哲学について書く場合と、宗教について書く場合を意識的にわけていたと予想される。哲学研究者は哲学という彼の「光」の部分ばかりに目を向けているが、「影」としての宗教にも目を向けないと、ウィトゲンシュタインの生は理解できないであろう。