ホシカワ ケイジ   hoshikawa keiji
  星川 啓慈
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1989/04
形態種別 単行本
標題 『ウィトゲンシュタインと宗教哲学――言語・宗教・コミットメ ント』
執筆形態 単著
出版社・発行元 ヨルダン社
概要 L.ウィトゲンシュタインの哲学と分析哲学系統の宗教哲学とを組み合わせて、言語・宗教・コミットメントの関わりについて論じた著作。第1部「宗教と言語」では、ウィトゲンシュタイン、エイヤー、シュリック、ニールセンなどの哲学者の宗教観や哲学的言語論について考察した。第2部「宗教言語とコミットメント」では、プランティンガ、オースティン、ソスキースなどの哲学者の宗教観や哲学的言語論について考察した。そこから得られた成果は、宗教言語と日常言語との密接な繋がりを認識し、かつ、宗教言語の根底にあるコミットメントの働きを正しく認識することによって、次のような視角を獲得したことである。すなわち、キリスト教という言語ゲームとこれ以外の言語ゲームとの「通約可能性」「対話可能性」を保持させながらも、各宗教の宗教言語の独自性を温存させることができるという視角である。 (四六判 202頁)