ムラカミ コウキョウ   murakami koukyo
  村上 興匡
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1993/07
形態種別 その他
標題 (評論)「死者のいるべき場所はどこに」
執筆形態 単著
掲載誌名 朝日新聞(7月12日付夕刊)
概要 かつての伝統的村落の墓地にはその社会的地位が表されていた。現代よりよい墓地を得ようと努力する人々も、死後社会の高い地位の印を墓地に求めているといえる。しかし家の先祖として認められていた社会の中での死者の位置づけは、家制度がほぼ崩れてしまった今日ではあまり意味を持たなくなっている。霊や臨死体験への関心の高まりは、社会の中で正当と認められる死者のいるべき場所がなくなってきていることを反映している。