ムラカミ コウキョウ   murakami koukyo
  村上 興匡
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1993/04
形態種別 その他
標題 (評論)
「葬式仏教の何が問題か」
執筆形態 単著
掲載誌名 『月刊住職』4月号~8月号,10月号
概要 「葬式仏教の何が問題か」 『月刊住職』(金花舎) 4月号~10月号
江戸末期から現代までの葬式仏教批判を取り上げ、当時の社会状況に照らして批判のねらいについて考察した。葬儀に費やされる費用の多寡は、故人の社会的地位と相関がある。死者を顕彰する目的で経済の拡大期は葬儀費用は高騰し、ついで批判がなされる。現代における特徴は核家族化により葬る側と葬られる側の会計が別となっていることで、葬儀を自己の生の最終表現とみる見方から、葬儀費用は高騰と簡素化の両極の傾向がみられる。