ムラカミ コウキョウ   murakami koukyo
  村上 興匡
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1992/07
形態種別 その他
標題 (評論)「葬儀という行為をどう読み解くか ―葬儀無用論をめぐる問題」
執筆形態 単著
掲載誌名 『SOGI』(表現社)10~12号
概要 今日の葬儀についての議論が、従来に比して葬られる側に比重が置かれたものであることを指摘し、各種統計や集合永代墓への入居希望者からの聞き取りを元に、葬る遺族側の論理と葬られる側の論理にずれが生じており、それが今日、伝統的葬儀が批判されることと大きく関係していることを分析する。さらにエルツの「死の宗教社会学」を引用しつつ、遺族にとっての葬儀、社会における死者がおかれるべき領域の必要性について考察した。