ムラカミ コウキョウ   murakami koukyo
  村上 興匡
   所属   文学部 人文学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002/03
形態種別 その他
標題 (学会発表)「葬祭の産業化と宗教性の変容」
執筆形態 単著
掲載誌名 シンポジウム『日本人の死生観のゆくえ』(国際宗教研究所主催)
概要 現在、「家」の先祖になるということの実感が薄れ、社会において安定した死後の身分・位置づけというものが考えにくくなっている。葬儀は喪主や遺族の通過儀礼としての側面も有し、葬儀の規模・格付への見栄などは遺族の社会儀礼に関わるものであったと考えられるが、近年、葬儀がより私事化の傾向を強めてきたことにより、その社会的意味づけは全体としては弱められつつある。今日、葬儀の人生儀礼としての意味合いは薄くなっている。