デガワ シンヤ
  出川 真也
   所属   地域創生学部 地域創生学科
   職種   専任講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2021/03
形態種別 大学・研究所等紀要
標題 大学IRは組織文化とどう向き合うのか-意思決定支援のための「学習」「リーダーシップ」「参加」をめぐる葛藤と展望-
執筆形態 共著
掲載誌名 エンロールメント・マネジメントとIR 第2集 特集IRと組織文化の相互作用
掲載区分国内
出版社・発行元 大正大学エンロールメント・マネジメント研究所
担当区分 筆頭著者
著者・共著者 ◎出川真也、福島真司
概要 大学IRが、意思決定支援の機能と役割を実質的に果たしていくためには、大学の組織文化と向き合っていく必要がある。そして、経営陣だけでなく、大学組織を構成する様々なレベルの人々の主体的参加と学習を基盤とする双方向のリーダーシップによるガバナンスの構築が求められる。ここで言う「学習」とは、組織運営上の文脈を支えていた既存の基本的認識枠組みを揺り動かすような性格を帯びるものであり、それは構成員に不安感を発生させるものでもある。
IRは、組織構成員が主体的意思決定の選択ができるように、データを基盤とする「共通言語」を提供する組織の学習支援者として、組織内外と連携・協働しながら、今後ますます「文脈のインテリジェンス」を磨いていく必要があるといえる。