(最終更新日:2021-04-01 08:24:45)
  ナガイ カオル   nagai kaoru
  長井 薫
   所属   千里金蘭大学  生活科学部 食物栄養学科
   職種   教授
■ 職歴
1. 2018/10~ 大阪大学大学院 医学系研究科 招聘教授
2. 2015/04~2018/03 甲子園大学 栄養学部 栄養学科 教授
3. 2007/04~2015/03 山梨大学大学院 医学工学総合研究部環境遺伝医学講座 准教授
4. 2004/04~2007/03 山梨大学大学院 医学工学総合研究部環境遺伝医学講座 助教授
5. 2001/01~2004/03 兵庫医科大学 生理学第二講座 助手
■ 専門分野
基礎栄養学、生化学、神経科学
■ 講師・講演
1. 2017/10/14 食品成分による認知症予防効果について
2. 2017/06/26 認知症の仕組みと食品による予防の可能性について
3. 2015/10/18 ブラジル産プロポリスのHdac活性制御を介した腫瘍細胞特異的細胞毒性
4. 2011/05 認知症のメカニズムと機能性素材による予防の可能性
5. 2010/10 頭の健康と食品 ~脳の発達から認知症予防まで~
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 著書  The molecular basis for the link between maternal health and the origin of fatal congenital abnormalities: an overview of association with oxidative stress  50-57頁 (共著) 2011
2. 論文  Total synthesis, structure revision, and neuroprotective effect of Hericenones C-H and their derivatives The Journal of Organic Chemistry 86,pp.2602-2620 (共著) 2021/01
3. 論文  大豆由来リン脂質による認知症予防の可能性 日本食品安全協会会誌 15(4),212-218頁 (共著) 2020/12
4. 論文  Protective effects of nicotinamide mononucleotide against oxidative stress-induced PC12 cell death via mitochondrial enhancement PharmaNutrition 11,pp.100175 (共著) 2020/03
5. 論文  食品成分によるヒストンのアセチル化制御を介した認知症予防の可能性 甲子園大学紀要 45,29-35頁 (単著) 2018/03
全件表示(68件)
■ 所属学会
1. 2018/01~ 日本栄養・食料学会
2. 2005/04~ 日本神経科学会
3. 2002/04~ 北米神経科学会
4. 1994/04~ Forum Carbohydrate Coming of Age (FCCA)
5. 1991/04~ 日本生化学会
全件表示(6件)
■ 学会発表
1. 2019/10/22 Soy isoflavone daidzein but not genistein protects Neuro2a cells from oxidative stress via AMPK and mitochondrial enhancement(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
2. 2018/11/07 Protective effects of nicotinamide mononucleotide against oxidative stress induced PC12 cell death via mitochondrial enhancement(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
3. 2016/11 Cyto-protective and toxic effects of Cordyceps militaris and cordycepin on rat CNS neurons and PC12 cells.(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
4. 2016/11 Histone deacetylase inhibitor MS-275 protects Neuro2a cells from endoplasmic reticulum stress via mitochondrial enhancement.(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
5. 2014/11 Keratan sulfate is involved in ocular dominance plasticity in visual cortex.(Annual Meeting of Society for Neuroscience)
全件表示(24件)
■ メールアドレス
  kyoin_mail