タケチ タヨリ   takechi tayori
  武智 多与理
   所属   千里金蘭大学  生活科学部 食物栄養学科
   職種   教授
発表年月日 2013/05
発表テーマ シルクタンパク質セリシンの応用
会議名 日本繊維機械学会第66回年次大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 大阪科学技術センター
発表者・共同発表者 武智多与理、前川善一郎
概要 繭の熱水抽出液から得られるセリシンタンパク質を、加工素材として食品へ利用していく研究を進めている。セリシンの物理的及び化学的特性を生かせる加工食品として、ドレッシング及びパンへの応用を検討した。ドレッシングの材料として有用であることを確認し、保湿性により、食パンの経時的な老化が抑制される傾向が認められ、柔らかさが保たれる食パンを作成できることが期待できる。