タケチ タヨリ   takechi tayori
  武智 多与理
   所属   千里金蘭大学  生活科学部 食物栄養学科
   職種   教授
発表年月日 2010/08
発表テーマ セリシン蛋白質のサラダドレッシングへの応用
会議名 日本調理科学会平成22年度大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 中村学園大学
発表者・共同発表者 武智多与理、杉村順夫、前川善一郎
概要 セリシンは繭に20~30%含まれているタンパク質で、近年その機能性が明らかになり化粧品や医薬品分野での利用が進んでいる。本研究では、セリシンをサラダドレッシングの素材として利用することについて検討し、分離型及び乳化型ドレッシングを調製できることが明らかになった。また、セリシン添加により水中油滴型エマルションの酸化が抑制された。セリシンは天然の乳化剤および抗酸化剤として、ドレッシング調製の有用素材と考えられる。