キシモト ミキ
  岸本 美紀
   所属   子ども教育学部 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2009/09
発表テーマ 「保育内容総合」を通しての「気づき」-保育内容を理解するプロセス-
会議名 全国保育士養成協議会第48回研究大会
学会区分 全国学会
単独共同区分 共同
開催地名 東北福祉大学
発表者・共同発表者 岸本美紀・長柄孝彦・妹尾美智子・本山益子・鳥居恵治・大岩みちの・佐善圭
概要 「保育内容総合」の授業担当者である筆者らは、この授業における活動を保育実践力につなげるために、受講する全ての学生に毎回記録を課している。本研究では、学生が保育内容を理解するプロセスやそれに影響を与える要因を先行研究からさらに詳細に分析した。その結果、先行研究と同様に、「幼児教育祭」当日が保育内容やその留意点が含まれていると実感する度合いが最も高いことが分かった。また、事前の保育内容の理解度や授業への期待の高さが、活動の中で保育内容等を実感することに影響を与えていることが分かった。そして、発表形式だけでなく、クラスにおける特徴が見られ、それに応じた指導をしていくことの大切さがうかがわれた。
(筆頭研究者が発表)