タキザワ ホダカ
  滝沢 ほだか
   所属   幼児教育学科 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2017/05/20
発表テーマ 造形・音楽・身体表現を連携させた保育内容『表現』の授業研究(2)−指導計画への反映に着目して−
会議名 日本保育学会第70回大会発表要旨集, 川崎医療福祉大学, pp.806
主催者 日本保育学会
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
開催地名 川崎医療福祉大学
発表者・共同発表者 横田典子・滝沢ほだか・山田悠莉
概要 平成27年度までの研究では、学生による質問紙調査の結果、本授業を通して、学生が造形・音楽・身体の各分野だけでなく、「様々な形で表現すること」に対する自信が高まったことが明らかになっている(滝沢ら2016)。一方で、これまでの研究成果では、学生が授業で得た学びを保育実践の場でどのように活かすことができるのかについて、未だ明らかになっていない。そこで、平成28年度の授業では、課題として15回目の授業後に指導計画の立案を設定した。
本研究では、学生から提出された指導計画を分析することで、授業内容が指導計画に反映されているのか、またその傾向を把握し、今後の授業内容の改善に繋げることを目的とする。分析した結果、本授業を通して、学生自身の「表現すること」に対する自信が高まるだけでなく、実践の場を想定した指導計画においても、本授業を受講後の学生が三分野の内容を取り入れて立案する力を身につけていたことが示唆された。