タキザワ ホダカ
  滝沢 ほだか
   所属   幼児教育学科 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2016/05
発表テーマ 造形・音楽・身体表現を連携させた保育内容『表現』の授業改善①−授業設計を中心に−
会議名 日本保育学会第69回大会発表要旨集, 東京学芸大学, 発表ID:646, pp.402
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 滝沢ほだか・横田典子・山田悠莉
概要 既に筆者らは保育内容「表現」において、造形、音楽、身体表現の3分野が相互に繋がりをもつ授業設計と改善について研究を進め、授業を通して「各分野で表現すること」「様々な形で表現すること」に対する自信が高まることを明らかにしてきた(滝沢ら 2016)。その一方で、2014年度と2015年度のデータについて、事前の意識調査結果に差があることが課題であった。
そこで本研究では、造形、音楽、身体表現を連携させた保育内容「表現」の授業設計を、意識調査から検証することを目的とする。「指導計画への反映」に着目した分析については、同名発表(2)に示す。