タキザワ ホダカ
  滝沢 ほだか
   所属   幼児教育学科 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2015/09
発表テーマ 教職実践演習における協同学習の効果 −集団での学びに焦点を当てて−
会議名 全国保育士養成協議会第54回研究大会(北海道ブロック)研究発表論文集, pp.276.
学会区分 全国学会
発表形式 ポスター
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 山田悠莉,滝沢ほだか,野田美樹,鳥居恵治,平尾憲嗣,米窪洋介
概要 教職実践演習(幼稚園)の授業の充実をめざし、本研究では平成26年に実施した授業を対象に学生の内省(アンケート)から、学級経営の視点の深まりに着目し、授業における集団での学びの効果、協同学習の意義について検討を行った。方法は、16回実施したアンケート結果の推移と活動内容を照会し、意識の変化を分析した。結果として、授業全体を通じて集団を強く意識した活動が展開され、数値の上昇から協同学習の効果を読み取ることができた。活動が協同学習の意義を深めていることは明らかとなったが、実際の学級経営にどう効果があるのか更なる追究が求められる。