タキザワ ホダカ
  滝沢 ほだか
   所属   幼児教育学科 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2015/05
発表テーマ 造形・音楽・身体表現を連携させた保育内容『表現』の授業研究① −授業設計を中心に−
会議名 日本保育学会第68回大会プログラム(中部ブロック), 椙山女学園大学, 発表ID:609
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 共同
発表者・共同発表者 滝沢ほだか,山田悠莉,横田典子,佐善圭
概要 本研究では、表現保育内容演習表現の授業設計についての3つの分野である造形、音楽、身体表現を連携させ、分野固有の表現方法を深めるだけでなく、各分野に繋がりを持たせた授業設計を提案する。授業実践を通して、学生自身が持つイメージを様々な方法で表現できるという自信を培う効果も期待したい。養成課程に在籍する217名を対象に質問紙調査を行い分析した。その結果、造形と音楽の分野においては、授業を通じてイメージを表現できると自信を持つ学生が多くなることが明らかとなった。3分野を連携させた授業を受講することにより、様々な方法で表現できる自信が高まることが示唆された。