タキザワ ホダカ
  滝沢 ほだか
   所属   幼児教育学科 所属教員
   職種   准教授
発表年月日 2014/10
発表テーマ 要素の組み合わせを活かした問題解決型音楽づくり教材の設計−音楽の構造とイメージの関係に着目して−
会議名 日本音楽教育学会第45回大会プログラム,聖心女子大学,pp.36.
学会区分 全国学会
発表形式 口頭(一般)
単独共同区分 単独
概要 要素の組み合わせを活かして問題解決型の音楽づくり教材を設計するにあたり、要素をパラメタとして操作することで生成される音楽の構造によって、楽曲の持つイメージがどのように変化するかについて、明らかにした。特に、学習指導要領解説で示された表現領域,鑑賞領域の内容である5つの観点のうち、両領域に共通する「音楽の構造」「音楽によって喚起されるイメージや感情」という2つの観点に着目し、要素のパラメタをどのように変化させると、意図したような楽曲のイメージに繋がるのかについても、具体的に検討を行った。