(最終更新日:2021-04-21 16:33:50)
  ホリノ マサト   Horino Masato
  堀野 正人
   所属   二松学舎大学  文学部 都市文化デザイン学科
   職種   教授
最終学歴・学位
■ 学歴
1. 1976/04~1982/03 横浜国立大学 教育学部 教員養成課程社会専攻 卒業
2. 1982/04~1984/03 横浜国立大学大学院 教育学研究科 社会科教育専攻 修士課程修了 修士
3. 1995/04~1998/03 日本大学大学院 商学研究科 商学専攻中退
4. ~1976/03 神奈川県立旭高等学校 卒業
専門分野
■ 現在の専門分野
観光社会学 (キーワード:*) 
最近の研究課題
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  「地域における観光人材戦略の構築と理論化」 科学研究費補助事業(学術研究助成基金助成金)、基盤研究C 
2. 2013/04~2017/03  「観光まちづくりと地域振興に寄与する人材育成のための観光学理論の構築」 科学研究費補助事業(学術研究助成基金助成金)、基盤研究C 
3. 2008/04~2011/03  「地域と観光の相互作用における表象・空間・経験の現代的位相」 その他の補助金・助成金 
4. 2004/04~2005/03  「21世紀型港湾の観光力の検証 ――大阪湾を中心に」 その他の補助金・助成金 
5. 2004/04~2007/03  「京都・奈良・神戸・大阪を事例とした『観光空間』の表象をめぐる考察」 科学研究費補助金 基盤研究C 
全件表示(6件)
主な研究活動
■ 著書・論文歴
1. 2019/07 著書  『アーバンカルチャーズ ――誘惑する都市文化、記憶する都市文化』   (共著) 
2. 2019/04 著書  (事典)『観光の事典』   (共著) 
3. 2019/04 著書  『人をつなげる観光戦略 ――人づくり・地域づくりの理論と実践』   (共著) 
4. 2018/09 著書  (翻訳)
ジョン・アーリ著『オフショア化する世界 ――人・モノ・金が逃げ込む「闇の空間」とは何か?』(John Urry, 2014,Offshoring,Polity Press)   (共著) 
5. 2017/03 論文  (研究ノート)「観光における「真面目」と「遊び」[Ⅱ]」 『奈良県立大学 研究季報』 第27巻(第4号),87-94頁 (単著) 
全件表示(77件)
■ 所属学会
1. 2012/07~ 観光学術学会
2. 2012/07~2017/06 ∟ 理事、評議員
3. 2012/07~ ∟ 集会委員会委員
4. 2004/05~ 日本観光研究学会
5. 2001/04~ 日本ホスピタリティ・マネジメント学会
全件表示(13件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/07 観光学術学会 観光学術学会、2016年度 教育・啓蒙著作賞
担当科目
■ 授業科目
1. ゼミナールⅠ
2. ゼミナールⅡ
3. ブランディング・リテラシー演習
4. 観光社会学概論
5. 地域ブランディング論
全件表示(9件)