(最終更新日:2021-06-30 18:30:43)
  ホンダ ミネコ   Honda Mineko
  本多 峰子
   所属   二松学舎大学  国際政治経済学部 国際政治経済学科
   職種   教授
最終学歴・学位
■ 学歴
1. 1978/04~1982/03 学習院大学 文学部 英米文学
2. 1985/04~1989/03 学習院大学 人文科学研究科 イギリス文学
3. 1985/04~1989/09 学習院大学 人文科学研究科博士後期課程 イギリス文学専攻(単位取得修了中退)
4. 1988/10~1989/06 英国ケント大学留学 イギリス文学及びキリスト教哲学専攻
5. 2006/03 学習院大学文学博士号取得(3月9日) イギリス文学
全件表示(15件)
専門分野
■ 現在の専門分野
宗教学, 英文学、英語圏文学 (キーワード:護教論、キリスト教、英文学、宗教学、宗教哲学) 
最近の研究課題
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   C. S. Lewis's approach to Realty  
2.   Evil and Salvation in the Bible and Literature  
3.   Faith Today-Science, theology and Problem of Evil  
4. 2011/04~2014/03  「イエスの神義論:聖書学的アプローチと組織神学への答え」 科学研究費助成 
5. 2002/04~2005/03  ユダヤ・キリスト教の日本への受容(文学における考察)  
主な研究活動
■ 著書・論文歴
1. 2021/03/29 論文  無関心という悪 国際政経論集 (27),133-144頁 (単著) 
2. 2020/09/25 論文  文学の中のヨブ記--ヨブ記と、アーチボルト・マクリーシュ『J.B.』、ニール・サイモン『神のお気に入り』 国際政経 (26),33-43頁 (単著) 
3. 2020/09/08 論文  オープン神論とオープン神義論 聖書と神学 (31),65-90頁 (単著) 
4. 2020/03 論文  新約聖書と神義論の問い 二松学舎大学国際政経論集 (26),139頁-155頁頁 (単著) 
5. 2019/09 論文  マタイ福音書における裁きの予言についての一考察 『国際政経』 二松学舎大学国際政治経済学会 (25),65頁-74頁頁 (単著) 
全件表示(29件)
■ 学会発表
1. 2020/09/14 新約聖書と神義論の問い(日本新約学会)
2. 2020/05/20 ルカによる福音書におけるイエスの死の意味(日本聖書学研究所)
3. 2018/03/10 「文学による神義論―C.S.ルイスの場合:『私たちが顔をもつまで』を中心に」(日本キリスト教文学会 月例会口頭発表)
■ 講師・講演
1. 2014 マルコによる福音書における暗示の手法
2. 2012 イエスと終末論
3. 2011 ルカ福音書17:20-21の解釈、とくに he basileia theou entos hymon estin をめぐって
4. 2011 私たちと共にいてくださる神―日本人にとってキリスト教とは
■ 所属学会
1. New York C.S. Lewis Society
2. 日本C.S.ルイス協会
3. 日本キリスト教文学会
4. 日本英文学会
5. 日本新約学会
全件表示(6件)
担当科目
■ 授業科目
1. 総合英語Ⅱ(TOEIC)
2. 総合英語Ⅱ(TOEIC)
3. 総合英語Ⅷ(アカデミック)
4. 総合英語Ⅷ(アカデミック)
5. 総合英語Ⅵ(ビジネス)
全件表示(6件)