(最終更新日:2019-06-07 12:19:08)
  カトウ ユウミ   Kato Yumi
  加藤 木綿美
   所属   二松学舎大学  国際政治経済学部 国際経営学科
   二松学舎大学大学院  国際政治経済学研究科 国際政治経済学専攻
   職種   講師
最終学歴・学位
■ 学歴
1. 2008/04~2012/03 横浜国立大学 経営学部 国際経営学科 卒業
2. 2012/04~2014/03 横浜国立大学大学院 国際社会科学研究科 経営学専攻 修士課程修了
3. 2014/04~2017/03 東京大学大学院 経済学研究科 経営専攻 博士課程単位取得満期退学
専門分野
■ 現在の専門分野
経営学 
最近の研究課題
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2016/03  改善を促進する組織構造について:ライン内スタッフ組織と組織ルーチン変化の関係についての定性(フィールドノート作成および工場改善史の作成)・定量(コンピュータシミュレーション)アプローチによる研究 競争的資金等の外部資金による研究 
主な研究活動
■ 著書・論文歴
1. 2019/02 その他  「上がり感」払拭のための期待伝達コミュニケーション 2018年度 経営アカデミー 組織変革とリーダーシップコース グループ研究報告書  (共著) 
2. 2018/07 著書  高校生のための経営学入門 (都心で学ぼう4)   (共著) 
3. 2018/02 その他  労働時間削減自己問題化チェーンマネジメント 2017年度 経営アカデミー 組織変革とリーダーシップコース グループ研究報告書  (共著) 
4. 2018/01 論文  Strategic upgrading of an overseas subsidiary through export promotion activities: The case of Kuozui Motor International Journal of Automotive Technology and Management 17(4),pp.369-384 (共著) 
5. 2017/10 著書  Industries and disasters: Building robust and competitive supply chains   (共著) 
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2018/11/21 現場の仕事と働き方改革をめぐって(一般社団法人 経営研究所)
2. 2016/06/01 Market and financial competitiveness of Japanese automakers (1980-2014).(24th International Colloquium of Gerpisa)
3. 2016/03/06 A-U(アバナシー&アターバック)モデルの“歪み”―クラウド技術導入期のクラウドペイメント社の事例―(第43回日本生産管理学会全国大会)
4. 2016/03/06 組織ルーティン蓄積の初期段階におけるルーティン導入―高次ルーティン・低次ルーティンの両者導入によるルーティンの変化―(第43回日本生産管理学会全国大会)
5. 2014/06/28 海外拠点マネジメントにおけるバウンダリースパナーの重要性とその醸成プロセス(2014年度 組織学会研究発表大会 研究発表セッション)
全件表示(10件)
■ 所属学会
1. 2015/09~ 進化経済学会
2. 2015/09~ 日本生産管理学会
3. 2013/11~ 組織学会
■ 委員会・協会等
1. 2017/05~ 公益財団法人日本生産性本部 グループ指導講師
2. 2015/09~2017/03 株式会社国際経済研究所 標準化ビジネスモデル研究会 委員
■ 受賞学術賞
1. 2014/03 2013年度 横浜経営学会賞 優秀賞
2. 2012/03 2011年度 横浜経営学会賞 佳作
担当科目
■ 授業科目
1. エグゼクティブ・プレップゼミナール
2. ゼミナール②
3. 院・経営組織論研究A
4. 院・国際経済特殊研究Ⅰ
5. 基礎ゼミ
全件表示(11件)