(最終更新日:2019-10-28 09:15:28)
  ゴウロク ツヨシ   Goroku Tsuyoshi
  合六 強
   所属   二松学舎大学  国際政治経済学部 国際政治経済学科
   二松学舎大学大学院  国際政治経済学研究科 国際政治経済学専攻
   職種   講師
最終学歴・学位
■ 学歴
1. 2003/04~2007/03 慶應義塾大学 法学部 政治学科
2. 2007/04~2009/03 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻前期博士課程 法学研究科
3. 2009/04~2015/03 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程単位取得退学
最近の研究課題
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2022/03  (研究分担者)核不拡散体制の成立と安全保障政策の再定義 基盤研究(A) 
2. 2016/07~2018/07  日米パートナーシップ・プログラム第4期(奨学プログラム通算第18期)  
3. 2013/04~2017/03  (研究協力者)NATOにおける核共有・核協議制度の成立と運用 基盤研究(B) 
4. 2012/10~2013/09  研究助成(人文科学・社会科学領域)  
主な研究活動
■ 著書・論文歴
1. 2019/03 著書  第8章 変容するNATOとトランプ政権の影響  87-96頁 (単著) Link
2. 2018/09 著書  フランスの防衛・安全保障協力ー世界大の軍事ネットワークを土台とした危機管理 民間防衛外交研究事業国別事例調査報告シリーズ2  (単著) 
3. 2018/08 著書  モーリス・ヴァイス(細谷 雄一・宮下 雄一郎監訳)『戦後国際関係史 二極化世界から混迷の時代へ』   (共著) 
4. 2018/06 論文  西ドイツの核不拡散条約(NPT)署名問題と米国の対応、1968-1969年 GRIPS Discussion Papers 18(3) (単著) 
5. 2018/03 著書  第8章 NATOの変容とトランプ政権誕生の影響 平成29年度外務省外交・安全保障調査研究事業 公益財団法人日本国際問題研究所「混迷する欧州と国際秩序」 89-98頁 (単著) 
全件表示(16件)
■ 学会発表
1. 2019/07/19 インド太平洋パワーとしてのフランス(日本国際問題研究所「混迷する欧州と国際秩序」2019年度第2回研究会)
2. 2018/12/01 デタントの崩壊過程におけるNATO:信頼性の危機と同盟の深化(国際安全保障学会2018年度研究大会部会「同盟の動揺と再建」)
3. 2018/11/30 NATOの変容とトランプ政権の影響(日本国際問題研究所「混迷する欧州と国際秩序」第4回研究会)
4. 2018/11/30 (討論者)「INF全廃条約と米ロ中関係」(鶴岡路人「ポストINF条約の欧州安全保障:ロシアの脅威、米欧の意思疎通、新たな短・中距離ミサイル」に対して)(日本国際問題研究所「混迷する欧州と国際秩序」第4回研究会)
5. 2018/07/22 ロシアのINF条約違反と米国の対応:アジア太平洋の安全保障への影響を中心に(一般財団法人平和・安全保障研究所 日米パートナーシッププログラム最終成果報告会)
全件表示(22件)
■ 講師・講演
1. 2019/10/28 ポストINF条約時代のアジア太平洋地域の安全保障
2. 2018/01/28 欧州の政治と外交
■ 所属学会
1. 日本国際政治学会
2. 国際安全保障学会
3. 日仏政治学会
担当科目
■ 授業科目
1. ゼミナール①
2. ゼミナール②
3. 海外社会事情ⅦA
4. 基礎ゼミ
5. 国際安全保障論A
全件表示(8件)