スズキ アサオ   Suzuki Asao
  鈴木 朝生
   所属   二松学舎大学  国際政治経済学部 国際政治経済学科
   二松学舎大学大学院  国際政治経済学研究科 国際政治経済学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1987/07
形態種別 研究論文 
標題 ホッブズ〈宗教論〉の歴史的性格について―『法の原理』を中心に―
執筆形態 単著
掲載誌名 東京都立大学法学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 第28巻(第1号),585-646頁
概要 ホッブズ哲学体系の初期テクスト『法の原理』における〈宗教論〉が、宗教改革以来の属地属宗教制(cujus regio,ejus religio)の原則による〈教会〉と〈国家〉の枠組みの内側でのみ成り立つ理論であることを論証したもの。