オキモリ タクヤ   Okimori Takuya
  沖森 卓也
   所属   二松学舎大学  文学部 国文学科
   二松学舎大学大学院  文学研究科 国文学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1999
形態種別 学術書
標題 『家伝』の述作-上巻鎌足伝を中心に-
執筆形態 その他
掲載誌名 藤氏家伝 鎌足・貞慧・武智麻呂伝 注釈と研究
掲載区分国内
出版社・発行元 吉川弘文館
巻・号・頁 431-439頁
概要 上巻の鎌足伝と貞慧伝とは成立を異にするという説もあるが、季名・月名の表記形式から見ると、下巻とは明らかに異なり、上巻の編者は同一人物であると考えてよい。また、『日本書紀』の文辞の利用は明白であるが、四字句ではー・三字目の文字を変えたり、同義的な別の漢字に巧みに言い換えたりする一方、話し言葉として自然な言い方にも改変するなど、その文脈にふさわしい文字表現を選んでいる点が特徴的である。