ハセガワ ヒデヨ   Hasegawa Hideyo
  長谷川 日出世
   所属   二松学舎大学  国際政治経済学部 国際政治経済学科
   二松学舎大学大学院  国際政治経済学研究科 国際政治経済学専攻
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1990/03
形態種別 研究論文
標題 法と論理―違憲性概念の分析の手掛かりとして―
執筆形態 単著
掲載誌名 憲法研究
掲載区分国内
出版社・発行元 憲法学会
巻・号・頁 (第22号),39-54頁
概要 違憲の法律、国家行為等は、一般に法秩序の体系的統一性を危うくするものであり、法的効力を持たないと考えられている。これは論理則(矛盾律)の法への適用である。
本論文は、矛盾律は、本来、真偽の価値に係わるものであり、法規範(妥当か非妥当)への適用はないとする純粋法学の主張を、分析、検討したものである。