photo
    (最終更新日:2022-08-23 21:25:25)
  アリゾノ サトミ   ARIZONO Satomi
  有薗 智美
   所属   外国語学部
   職種   教授
個人情報
■ 現在の専門分野
言語学, 言語学 (キーワード:人文社会系、人文学、認知意味論、慣用表現、身体部位詞、応用認知言語学、比喩解釈) 
■ 主要学科目
ことばの世界、言語と心理、TOEIC英語初級・中級、日本語学
■ 学歴
1. ~2011/12 University of Birmingham School of English, Drama and American & Canadian Studies, UK 修士課程修了 MA in Applied Linguistics
2. 2009/02
(学位取得)
名古屋大学 博士 国言博第76号
3. ~2008/03 名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 日本言語文化専攻 博士後期課程単位取得満期退学
4. ~2004/03 明治学院大学大学院 文学研究科 英文学専攻 博士前期課程修了 修士
5. ~2002/03 明治学院大学 文学部 英文学科 卒業
■ 職歴
1. 2018/04~ 名古屋学院大学 外国語学部英米語学科 准教授
2. 2015/04~2018/03 名古屋学院大学 外国語学部英米語学科 専任講師
3. 2013/04~2015/03 名古屋学院大学 経済学部 任期制講師
4. 2012/04~2013/03 関西国際大学 非常勤講師
5. 2011/12~2013/03 名古屋大学大学院 国際言語文化研究科 学術研究員
■ メールアドレス
  kyoin_mail
各種実績
■ 著書・論文歴
1. 2022/03/23 論文  第7章 述語的な慣用的連結句から見た日本語身体部位詞とフレーム 『フレーム意味論の貢献 ― 動詞とその周辺 ―』  (単著) 
2. 2022/03 論文  日本語母語話者による英語比喩表現の解釈 『JACET中部支部紀要』 (19),21-36頁 (単著) 
3. 2022/02/22 その他  「つかえる」 『基本動詞ハンドブック』  (単著) Link
4. 2022/02/22 その他  「振る」 『基本動詞ハンドブック』  (単著) Link
5. 2021/05 論文  身体部位詞と形容詞による叙述表現の意味 『認知言語学研究 vol.6』 25-44頁 (単著) 
全件表示(42件)
■ 学会発表
1. 2021/04 フレーム意味論に基づく身体部位詞の分析 ―動詞慣用句を中心に―(フレーム意味論プロジェクト公開研究会)Link
2. 2019/09 多義動詞分析と付加詞要素(フレーム意味論プロジェクト研究発表会)Link
3. 2019/08 Chinese and Japanese Metaphors: A Contrastive Approach(日本認知言語学会第20回全国大会)
4. 2018/09 多義動詞の分析―特徴の記述 と分析方法の精緻化(日本認知言語学会第19回全国大会)
5. 2018/07 多義動詞の語義認定における付加詞要素の役割(第174回現代日本語学研究会)
全件表示(12件)
■ 教育上の能力
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2021/07 2020年度名古屋学院大学優秀教育活動賞
2. 2019/07 2018年度名古屋学院大学優秀教育活動賞
■ 講師・講演
1. 2021/06 「英語の比喩(メトニミー) 表現の解釈」Link
2. 2016/12 からだことばの日英比較(日本語・英語 ―表現を比べてみよう!)
3. 2012/01 比喩研究と外国語(英語)学習におけるその応用可能性
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2016/04~2019/03  「日本語母語話者による英語のメトニミー表現解釈において文脈と既存の知識が果たす役割」 若手研究(B) 
学外活動
■ 所属学会
1. 2019 INTERNATIONAL COGNITIVE LINGUISTICS CONFERENCE 15Link
2. 2012/06 大学英語教育学会関西支部
3. 2012/05 日本英語学会
4. 2006/05 表現学会
5. 2018/06 ∟ 編集・運営委員
全件表示(10件)