photo
    (最終更新日:2020-08-06 14:57:46)
  オザキ ヨシミツ   OZAKI Yoshimitsu
  尾崎 喜光
   所属   ノートルダム清心女子大学  文学部 日本語日本文学科
   ノートルダム清心女子大学大学院  文学研究科 日本語日本文学専攻 博士前期課程
   ノートルダム清心女子大学大学院  文学研究科 日本語日本文学専攻 博士後期課程
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
ふだんなにげなく使ったり見聞きしている言葉について「!?」というひっかかりを持ち、こだわり続けて考え抜き、自ら調べる姿勢を持つことが、言葉についての勉強や研究を深める秘訣です。いっしょに言葉の不思議を研究しましょう。
■ 学歴
1. 1988 大阪大学大学院(博士後期課程) 文学研究科 単位取得退学
2. 1986 北海道大学大学院(修士課程) 文学研究科 修了 文学修士
3. 1983 北海道大学 文学部 卒業
■ 職歴
1. 2010~ ノートルダム清心女子大学文学部日本語日本文学科 教授
2. 2009~2010 大学共同利用機関法人 国立国語研究所時空間変異研究系 准教授
3. 2006~2009 独立行政法人 国立国語研究所研究開発部門言語生活グループ 主任研究員
4. 2001~2006 独立行政法人 国立国語研究所研究開発部門第二領域 主任研究員
5. 1998~2001 国立国語研究所言語行動研究部第一研究室 室長
全件表示(8件)
■ 著書・論文歴
1. 2020/03 論文  「<書評>『シリーズ社会言語科学2 社会言語科学の源流を追う』」 『社会言語科学』 22(2),78-83頁 (単著) 
2. 2020/03 論文  「岡山市・福山市における方言使用に関する社会言語学的研究―動詞打消し、打消し過去、アスペクト―」 『ノートルダム清心女子大学紀要 日本語・日本文学編』 44(1) (単著) 
3. 2020/02 論文  「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その6」 『北海道方言研究会会報』 96 (共著) 
4. 2019/11 論文  「きょうの夜ごはんはコメを食べよっ!―食事に関する新表現の普及―」 『清心語文』 21 (単著) 
5. 2019/09 論文  「言語変化を把握するための継続調査と同一個人追跡調査の関係に関する研究―国立国語研究所実施の鶴岡市調査に見るガ行鼻音衰退の事例―」 『計量国語学』 32(2) (単著) 
全件表示(49件)
■ 学会発表
1. 2019/12/14 「福山市民の言語使用と言語意識に関する調査報告(2)」(「第11回 おのみち文学三昧 尾道市立大学日本文学会大会」)
2. 2019/09/08 「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その6」(「第227回 北海道方言研究会例会」)
3. 2019/06/16 「福山市民の言語使用と言語意識に関する調査報告(1)」(「ノートルダム清心女子大学 日本語日本文学会 第22回大会」)
4. 2018/12 「個人の中で発音は変化するか? ―札幌市での経年調査をもとにしたコーホート分析から推測する」(国立国語研究所 創立70周年記念 シンポジウム 「経年調査の新たな挑戦 ―日本語の将来を占うために」)
5. 2016/09 「北海道における方言使用の現状と実時間変化(その5)」(「第218回 北海道方言研究会」)
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2020/07~2023/03  「現在進行中の日本語の音声変化を把握するための既存の映像資料・録音資料の活用研究」【科研費;研究代表者】 挑戦的研究(萌芽) 
2. 2020/04~2021/03  「音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究」(継続課題)【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
3. 2019/03~2020/03  「音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究」【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
4. 2018/04~2021/03  「共通語の基盤としての東京語の動態に関する多人数経年調査」【科研費;研究代表者】 基盤研究(B) 
5. 2017  「未来に残す資産としての岡山方言のデータベース構築-映像アーカイブの研究活用-」【公益財団法人ウエスコ学術振興財団研究活動費助成事業;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
全件表示(15件)
■ 講師・講演
1. 2018/05 「岡山の言葉を考える」(ノートルダム清心女子大学)
2. 2017/09 「ことばの不思議~おかやま方言の今~」
3. 2017/05 「岡山の言葉を考える」(ノートルダム清心女子大学)
4. 2017/02 「岡山方言の今」
5. 2016/10 「岡山の言葉の今」
全件表示(6件)
■ 所属学会
1. ノートルダム清心女子大学日本語日本文学会
2. 社会言語科学会
3. 1998~2000 ∟ 理事
4. 日本語学会
5. 北海道方言研究会
■ 社会における活動
1. 2020/04 「<リレーエッセイ>茶碗によそって食べるのは御飯? それともコメ?」
2. 2019/06 「<リレーエッセイ>コミュニケーションを哲学する」
3. 2018/08 「<リレーエッセイ>「言(い)わん」とは言(ゆ)わん?」
4. 2018/06 「「さっきそう言った」の「言った」を「ゆった」と発音する人がいますが,現在この発音はどうなっているのでしょうか」
5. 2017/05 「<リレーエッセイ>「ご注文は以上でよろしかっ<た>でしょうか?」
全件表示(27件)
■ 委員会・協会等
1. 2017/08~2018/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会
2. 2016/08~2017/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会
3. 2014/08~2015/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会
4. 2012/04~ 総社市地域参加型生活サポート日本語教育事業運営委員会委員
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2013/04~2016/03 日本語の大規模経年調査に関する総合的研究【国立国語研究所共同研究プロジェクトへの参画(共同研究員)】
2. 2009/04~2016/03 多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明【国立国語研究所共同研究プロジェクトへの参画(共同研究員)】
■ メールアドレス
  kyoin_mail