photo
    (最終更新日:2022-06-23 10:45:42)
  イトウ トヨミ   ITO Toyomi
  伊藤 豊美
   所属   ノートルダム清心女子大学  文学部 英語英文学科
   ノートルダム清心女子大学  英語教育センター
   ノートルダム清心女子大学大学院  文学研究科 英語英米文学専攻 修士課程
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
大学で何を学びたいか、自分にとってワクワクすることは何かをしっかり見つけて学修して下さい。一生のうちでも、自分がやりたいことにじっくりと取り組める貴重な時間であり、あなたのこれからの人生の在り方が決まります。このような大学生活を通じて得た学修と友人はあなたの生涯の宝となります。
■ 学歴
1. オーストラリア国立キャンベラ大学 文部省交換留学
2. 岡山大学教育学部中学校教員養成課程(英語専攻)卒業 教育学士
■ 職歴
1. 2012/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 教授
2. 2008/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 准教授
3. 2004/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 助教授
4. 2002/04 岡山市立岡山後楽館高等学校 教頭
5. 1999/04 岡山市教育委員会学事課 課長補佐
6. 1993/04 岡山県教育委員会指導課 指導主事
7. 1974~1992 岡山県公立高等学校 教諭
■ 主要学科目
英文法、音声学、英語科教育法、英語学・言語学演習
■ 著書・論文歴
1. 2012/02 著書  「実践・英語科指導法演習」   (単著) 
2. 2022/03 論文  コロナ禍における遠隔授業への取り組み 英語教育センター年報 (7),1-10頁 (単著) 
3. 2021/03 論文  Formulation of the Philosophy of the English Education Center 英語教育センター年報 (6) (単著) 
4. 2020/03 論文  たかが英語 されど英語 英語教育センター年報 (5),1-4頁 (単著) 
5. 2019/03 論文  英語教育センターフィロソフィの策定 英語教育センター年報 (第4号),1-7頁 (共著) 
6. 2018/03 論文  グローバル化時代の大学英語教育:英語教育センター この1年の取り組み 英語教育センター年報 (第3号),1-9頁 (単著) 
7. 2017/03 論文  グローバル化時代の大学英語教育:ノートルダム清心女子大学英語教育センター 今後の構想 英語教育センター年報 (第2号),1-6頁 (単著) 
8. 2016/03 論文  NDSU英語教員養成10年の軌跡 Ⅱ ノートルダム清心女子大学紀要 第40巻(第1号(通巻51号)),35-55頁 (単著) 
9. 2015/03 論文  「NDSU英語教員養成10年の軌跡 I」 2015年ノートルダム清心女子大学紀要 外国語・外国文学編 39巻(第1号(通巻50号)),87-104頁 (単著) 
10. 2011/03 論文  「教員免許更新制I~III」 ノートルダム清心女子大学紀要文化学編 第35巻(第1号),31-73頁 (共著) 
全件表示(13件)
■ 講師・講演
1. 2013/02/04 「英語科教育における学校間連携を考える」
2. 2012/09/26 「英語科リスニング指導再考」
■ 社会における活動
1. 2015/04~2018/03 外部専門機関と連携した英語担当教員の指導力向上事業
2. 2017/04~2018/03 「英語力を強化する指導改善の取組」運営指導委員会
3. 2013/04~2016/03 「教科等別一貫教育セミナー外国語部会」アドバイザー
4. 2015/06 私立大学における教員養成のあり方
5. 2006/04~2015/03 岡山市イマージョン教育推進モデル校運営指導委員会
■ 所属学会
1. 外国語教育メディア学会(LET)
2. 全国英語教育学会
3. 中国地区英語教育学会
■ 学部担当分野
①英語科教育法 ②教職教育
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 「教職基礎」、「学校経営論」、「英語科教育法」等の教職科目並びに「英語音声学」、「英文法」等の学科科目を担当し、学校現場での経験を活かした教育理論と実践を融合した教育方法で、教職を目指す学生の指導を実践した。
●作成した教科書、教材
1. 「教職基礎」、「学校経営論」、「英語科教育法」等を担当し、学校現場で真に役に立つ教育内容を視聴覚機器等も活用しながら教材化した。
■ 大学院研究分野
英語教育学
①英語科教育目的論 ②英語教授法・指導法 ③英語教材論 ④英語学習者論
⑤英語科教育課程論 ⑥英語科評価論 ⑦英語教師教育論