photo
    (最終更新日:2019-06-03 09:47:49)
  イトウ トヨミ   ITO Toyomi
  伊藤 豊美
   所属   ノートルダム清心女子大学  文学部 英語英文学科
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
大学で何を学びたいかをしっかり考えて進学して下さい。一生のうちでも、自分がやりたいことにじっくりと取り組める貴重な時間であり、あなたのこれからの人生の在り方が決まります。ノートルダム清心女子大学は、教員養成という点においても大きな実績を上げています。現在、岡山県内だけでも、約2500名の本学卒業生が教育関係教職員として勤務しており、そのうち約1500名の方が、教諭または講師として、幼稚園・小学校・中学校・高等学校及び特別支援学校で子どもたちの教育に携わっています。英語英文学科の卒業生も、最近10年間で見ても、中学校・高等学校の英語科教諭として正式採用された卒業生は70名を超えました。そして毎年10名~15名が本学卒業後に中学校または高等学校等に勤務(教諭又は講師として)し、生徒たちに英語を教えています。近年の厳しい採用状況を考えると、画期的な成果だと思われます。将来、英語科教員になりたいと考えている方や、外国語を通して「言語」について学びたいと思っている方は、ぜひ本学科の門をたたいてください。
■ 授業科目
1. 英語音声学
2. 英語科教育法I・II
3. 英語科指導法演習Ⅰ・Ⅱ
4. 英語学・言語学演習I・II
5. 英文法
全件表示(8件)
■ 学歴
1. オーストラリア国立キャンベラ大学 文部省交換留学
2. 岡山大学教育学部中学校教員養成課程(英語専攻)卒業 教育学士
■ 職歴
1. 2012/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 教授
2. 2008/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 准教授
3. 2004/04 ノートルダム清心女子大学文学部英語英文学科 助教授
4. 2002/04 岡山市立岡山後楽館高等学校 教頭
5. 1999/04 岡山市教育委員会学事課 課長補佐
全件表示(7件)
■ 著書・論文歴
1. 2012/02 著書  「実践・英語科指導法演習」   (単著) 
2. 2019/03 論文  英語教育センターフィロソフィの策定 英語教育センター年報 (第4号),1-7頁 (共著) 
3. 2017/03 論文  グローバル化時代の大学英語教育:ノートルダム清心女子大学英語教育センター 今後の構想 英語教育センター年報 (第2号),1-6頁 (単著) 
4. 2016/03 論文  NDSU英語教員養成10年の軌跡 Ⅱ ノートルダム清心女子大学紀要 第40巻(第1号(通巻51号)),35-55頁 (単著) 
5. 2015/03 論文  「NDSU英語教員養成10年の軌跡 I」 2015年ノートルダム清心女子大学紀要 外国語・外国文学編 39巻(第1号(通巻50号)),87-104頁 (単著) 
全件表示(9件)
■ 講師・講演
1. 2013/02/04 「英語科教育における学校間連携を考える」
2. 2012/09/26 「英語科リスニング指導再考」
■ 所属学会
1. 外国語教育メディア学会(LET)
2. 全国英語教育学会
3. 中国地区英語教育学会
■ 社会における活動
1. 2015/04~2018/03 外部専門機関と連携した英語担当教員の指導力向上事業
2. 2017/04~2018/03 「英語力を強化する指導改善の取組」運営指導委員会
3. 2013/04~2016/03 「教科等別一貫教育セミナー外国語部会」アドバイザー
4. 2015/06 私立大学における教員養成のあり方
5. 2006/04~2015/03 岡山市イマージョン教育推進モデル校運営指導委員会
■ 学部担当分野
①英語科教育法 ②教職教育
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 「教職基礎」、「学校経営論」、「英語科教育法」等の教職科目並びに「英語音声学」、「英文法」等の学科科目を担当し、学校現場での経験を活かした教育理論と実践を融合した教育方法で、教職を目指す学生の指導を実践した。
●作成した教科書、教材
1. 「教職基礎」、「学校経営論」、「英語科教育法」等を担当し、学校現場で真に役に立つ教育内容を視聴覚機器等も活用しながら教材化した。
■ 大学院研究分野
英語教育学
①英語科教育目的論 ②英語教授法・指導法 ③英語教材論 ④英語学習者論
⑤英語科教育課程論 ⑥英語科評価論 ⑦英語教師教育論