photo
    (最終更新日:2022-05-13 13:08:56)
  オザキ ヨシミツ   OZAKI Yoshimitsu
  尾崎 喜光
   所属   ノートルダム清心女子大学  文学部 日本語日本文学科
   ノートルダム清心女子大学大学院  文学研究科 日本語日本文学専攻 博士前期課程
   ノートルダム清心女子大学大学院  文学研究科 日本語日本文学専攻 博士後期課程
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
ふだんなにげなく使ったり見聞きしている言葉について「!?」というひっかかりを持ち、こだわり続けて考え抜き、自ら調べる姿勢を持つことが、言葉についての勉強や研究を深める秘訣です。いっしょに言葉の不思議を研究しましょう。
■ 学歴
1. 1978/04~1983/03 北海道大学 文学部 文学科言語学専攻 卒業 文学士
2. 1983/04~1986/03 北海道大学 文学研究科 言語学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1986/04~1988/03 大阪大学 文学研究科 日本学専攻[社会言語学] 博士後期課程単位取得満期退学
■ 職歴
1. 2010~ ノートルダム清心女子大学文学部日本語日本文学科 教授
2. 2009~2010 大学共同利用機関法人 国立国語研究所時空間変異研究系 准教授
3. 2006~2009 独立行政法人 国立国語研究所研究開発部門言語生活グループ 主任研究員
4. 2001~2006 独立行政法人 国立国語研究所研究開発部門第二領域 主任研究員
5. 1998~2001 国立国語研究所言語行動研究部第一研究室 室長
6. 1996~1998 国立国語研究所言語行動研究部 主任研究官
7. 1989~1996 国立国語研究所言語行動研究部第一研究室 研究員
8. 1988~1989 大阪大学文学部日本学科 助手
■ 著書・論文歴
1. 2022/04 著書  「Chapter 6 Male-female differences in Japanese」 Y. Asahi, F. Inoue, M. Usami, (eds.) 『Handbook of Japanese Sociolinguistics』 [HJLL Volume 8] pp.173-211 (単著) Link
2. 2022/03 論文  「音声と敬語のあいだ-場面・事象の改まり性と音声選択の関係に関する予備的研究-」 『ノートルダム清心女子大学紀要 日本語・日本文学編』 46(1),184-193頁 (単著) 
3. 2022/03 論文  「東京都における話し言葉の男女差の時代変化とコーホート分析から推定する個人内変化」 『ノートルダム清心女子大学紀要 日本語・日本文学編』 46(1),147-169頁 (単著) 
4. 2022/02 著書  『地域紹介番組『くろーずUPせとうち』のインタビュー場面完全文字化資料-岡山県・香川県在住者を中心とするのべ455人の1980年代の話し言葉-』  1-114頁 (単著) Link
5. 2022/02 論文  「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その7」 『北海道方言研究会会報』第98号 6-13頁 (共著) 
6. 2021/11 論文  「手書きひらがなの字形に関する研究-「ささき」をどう書くか-」 『清心語文』 (23),22-36頁 (共著) 
7. 2021/11 論文  「東京都における母親の呼称の時代変化と加齢変化」 『清心語文』 (23),1-21頁 (単著) 
8. 2021/09/30 論文  「地域社会の言葉は何によって変化するか?-音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究-」 『国語研 ことばの波止場』 (10),47-5頁 (単著) Link
9. 2021/03 著書  「忘れ物を注意する場面における言語行動と言語表現」 小林隆編『全国調査による言語行動の方言学』 279-299頁 (単著) 
10. 2021/03 論文  「NHKラジオ番組「<街頭録音> 青少年の不良化を何うして防ぐか ガード下の娘たち」の文字化資料」 『ノートルダム清心女子大学紀要 日本語・日本文学編』 45(1),77-96頁 (単著) 
全件表示(63件)
■ 学会発表
1. 2021/09/04 「鶴岡調査の音声データを使い鼻濁音の変化とその要因を探る」(人間文化研究機構 国立国語研究所 研究情報発信センター 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 社会データ構造化センター 共催 「共同利用セミナー」(Web開催))
2. 2021/01/24 「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その7」(「第230回 北海道方言研究会例会」)
3. 2019/12/14 「福山市民の言語使用と言語意識に関する調査報告(2)」(「第11回 おのみち文学三昧 尾道市立大学日本文学会大会」)
4. 2019/09/08 「北海道における方言使用の現状と実時間変化 その6」(「第227回 北海道方言研究会例会」)
5. 2019/06/16 「福山市民の言語使用と言語意識に関する調査報告(1)」(「ノートルダム清心女子大学 日本語日本文学会 第22回大会」)
6. 2018/12 「個人の中で発音は変化するか? ―札幌市での経年調査をもとにしたコーホート分析から推測する」(国立国語研究所 創立70周年記念 シンポジウム 「経年調査の新たな挑戦 ―日本語の将来を占うために」)
7. 2016/09 「北海道における方言使用の現状と実時間変化(その5)」(「第218回 北海道方言研究会」)
8. 2016/02 「札幌市での多人数経年調査から」(JLVC2016 ワークショップ ワークショップ4「日本語と方言の一世紀:社会言語学と歴史言語学が明らかにしたもの」)
9. 2016/01 「北海道方言における経年変化の地域間比較―札幌市・釧路市・富良野市・函館市における調査結果から―」(「多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明」研究発表会)
10. 2015/09 「北海道における方言使用の現状と実時間変化(その4)」(「第214回 北海道方言研究会」)
全件表示(16件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2022/04~2023/03  「方言音声と共通語音声の使い分けの変化に関する研究」【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
2. 2021/04~2022/03  「音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究」(継続課題[延長])【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
3. 2021/04~2022/03  「方言音声と共通語音声の使い分けの変化に関する研究」【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
4. 2020/07~2023/03  「現在進行中の日本語の音声変化を把握するための既存の映像資料・録音資料の活用研究」【科研費;研究代表者】 挑戦的研究(萌芽) 
5. 2020/04~2021/03  「音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究」(継続課題)【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
6. 2019/03~2020/03  「音声の個人内変化を推定するためのコーホート分析の有効性に関する実証研究」【国立国語研究所「共同利用型」研究;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
7. 2018/04~2021/03  「共通語の基盤としての東京語の動態に関する多人数経年調査」【科研費;研究代表者】 基盤研究(B) 
8. 2017  「未来に残す資産としての岡山方言のデータベース構築-映像アーカイブの研究活用-」【公益財団法人ウエスコ学術振興財団研究活動費助成事業;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
9. 2016/04~2019/03  「アーカイブの活用による授受表現の新用法と新形態の普及に関する研究」【科研費;研究代表者】 挑戦的萌芽研究 
10. 2015  「過去のテレビ番組の活用による伝統的岡山方言の使用に関する調査研究」【公益財団法人両備檉園記念財団研究助成;研究代表者】 その他の補助金・助成金 
全件表示(18件)
■ 講師・講演
1. 2018/05 「岡山の言葉を考える」(ノートルダム清心女子大学)
2. 2017/09 「ことばの不思議~おかやま方言の今~」
3. 2017/05 「岡山の言葉を考える」(ノートルダム清心女子大学)
4. 2017/02 「岡山方言の今」
5. 2016/10 「岡山の言葉の今」
6. 2016/03 「言葉の男女差の今」
■ 社会における活動
1. 2022/02 「外国語にも日本語と同じような敬語はあるのでしょうか」Link
2. 2022/02 「女の人が自分のことを「オレ」という地域があるのでしょうか?」Link
3. 2021/06 「上司を呼び捨てにしたり尊敬語をつけなかったりするのは不自然ではないでしょうか」Link
4. 2021/04 「岡山で使われている「うったて」の由来等について」(コメント)
5. 2021/03 「<リレーエッセイ>「コマを回す」の発音は?」Link
6. 2020/04 「<リレーエッセイ>茶碗によそって食べるのは御飯? それともコメ?」Link
7. 2019/06 「<リレーエッセイ>コミュニケーションを哲学する」Link
8. 2018/08 「<リレーエッセイ>「言(い)わん」とは言(ゆ)わん?」Link
9. 2018/06 「「さっきそう言った」の「言った」を「ゆった」と発音する人がいますが,現在この発音はどうなっているのでしょうか」Link
10. 2017/05 「<リレーエッセイ>「ご注文は以上でよろしかっ<た>でしょうか?」Link
全件表示(32件)
■ 所属学会
1. ノートルダム清心女子大学日本語日本文学会
2. 社会言語科学会
3. 1998~2000 ∟ 理事
4. 日本語学会
5. 北海道方言研究会
■ 委員会・協会等
1. 2017/08~2018/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会 委員
2. 2016/08~2017/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会 委員
3. 2014/08~2015/07 日本学術振興会・特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会 委員
4. 2012/04~ 総社市地域参加型生活サポート日本語教育事業運営委員会委員 委員
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2022/04~ 多世代会話コーパスに基づく話し言葉の総合的研究 【国立国語研究所共同研究プロジェクトへの参画(共同研究員)】
2. 2013/04~2016/03 日本語の大規模経年調査に関する総合的研究 【国立国語研究所共同研究プロジェクトへの参画(共同研究員)】
3. 2009/04~2016/03 多角的アプローチによる現代日本語の動態の解明 【国立国語研究所共同研究プロジェクトへの参画(共同研究員)】
■ メールアドレス
  kyoin_mail