photo
    (最終更新日:2019-06-11 15:03:27)
  キヅ ミカ   KIZU Mika
  木津 弥佳
   所属   ノートルダム清心女子大学  文学部 英語英文学科
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
普段意識せずに使っている「ことば」ですが、当たり前のことになぜだろう?という疑問を抱き、その知的興味を追求するのはおもしろいものです。外国語である英語から見た日本語、母語である日本語から見た英語を通じて、「ことば」とは何か、またその背景にある文化的要素は何かについて、一緒に考えてみましょう。
■ 授業科目
1. Business English I [a], II
2. International Communication IA, IB
3. International Communication Research IIA, IIB
4. International Communication Seminar I [c], II [c]
5. 英語学・言語学研究 IA, IB
全件表示(7件)
■ 現在の専門分野
キーワード:第二言語習得、統語論、翻訳 
■ 学歴
1. 南山大学 外国語学部 日本語学科 卒業 学士(外国研究)
2. カリフォルニア大学サンタクルーズ校 言語学 修士課程 MA
3. マギル大学 言語学 博士課程 Ph.D
■ 職歴
1. 1999/09~2005/08 ダラム大学 東アジア研究学科 Lecturer
2. 2005/09~2014/03 ロンドン大学SOAS 日本・韓国学科 Lecturer
3. 2015/04~2016/03 岡山大学 グローバル人材育成院 准教授
■ 著書・論文歴
1. 2019 論文  The particle ne in the development of interactional positioning in L2 Japanese East Asian Pragmatics 4(1),pp.113-143 (共著) 
2. 2017 論文  The effect of instruction on null subject: A case of L2 Japanese learners Proceedings of PacSLRF 2016 pp.115-120 (共著) 
3. 2016 著書  Translating into Japanese mimetics: Grammatical class-shift and historical development The Grammar of Japanese Mimetics: Perspectives from structure, acquisition, and translation pp.221-237 (共著) 
4. 2015 著書  日本語文型辞典 英語版   (共著) 
5. 2015 論文  Multiple accusative constructions: The case of V+tate in Japanese Japanese/Korean Linguistics 22,pp.277-292 (共著) 
全件表示(13件)
■ 学会発表
1. 2019/09 Availability of the reciprocal reading in L2 Japanese(The 14th Generative Approaches to Language Acquisition)
2. 2019/06 Development of L2 English mitigation before and after study abroad(Akita JALT)
3. 2019/06 Epistemic stance in L2 English discourse: the development of interactional competence in study abroad(The 16th International Pragmatics Conference)
4. 2019/05 Notes on reciprocals in Korean and Japanese ellipsis(English Linguistics Society of Japan the 12th International Spring Forum)
5. 2019/02 留学を通した終助詞「ね」の使用の変化:相互行為能力の観点から(第6回秋田日本語教育研究会)
全件表示(11件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  第二言語における項省略の習得 基盤研究(C) 
2. 2017/04~2020/03  外国語としての日英モダリティの習得 基盤研究(C) 
■ 所属学会
1. British Association for Applied Linguistics
2. International Pragmatics Association
3. 日本英語学会
4. 日本言語学会
5. 日本第二言語習得学会
■ 学部担当分野
英語、国際コミュニケーション、翻訳、言語学
■ 大学院研究分野
言語学、第二言語習得、翻訳