photo
    (最終更新日:2019-07-11 20:19:31)
  コバヤシ ケンイチ   KOBAYASHI Kenichi
  小林 謙一
   所属   ノートルダム清心女子大学  人間生活学部 食品栄養学科
   職種   教授
■ 教員からのメッセージ
リベラル・アーツの大きな目標の一つは、「人格の陶冶(とうや)」です。「人格の陶冶」とは、「生きる意味(いみ)」を徹底的に考え抜き、やさしい「心」で最善の「判断」ができるようになることだと思います。私は、「食べる」という意味(いみ)を、生化学、基礎栄養学という学問分野から、実験科学的手法を用いて、学生の皆さんと一緒に考究することを通じて、皆さんといっしょに人格の陶冶を目指していければと思います。
■ 授業科目
1. 生化学Ⅰ
2. 生化学Ⅱ
3. 生化学実験
4. 基礎栄養学
5. 基礎栄養学実習
全件表示(15件)
■ 現在の専門分野
農芸化学 食品科学, 食生活学, 環境生理学(含体力医学・栄養生理学), 応用分子細胞生物学, 応用健康科学 (キーワード:ポリフェノール、分子細胞生物学、 腎臓栄養、食品科学、農芸化学、食生活学、アミノ酸栄養、栄養生化学) 
■ 学歴
1. 2002/04~2005/03 京都大学 大学院農学研究科 食品生物科学専攻 博士後期課程 卒業 博士(農学)(京都大学)
2. 2000/04~2002/03 京都大学 大学院農学研究科 応用生命科学専攻 修士課程 農学研究科 修士課程修了 修士(農学)(京都大学)
3. 三重大学 生物資源学部 生物資源学科 農芸化学コース 卒業 学士(生物資源学)(三重大学)
■ 職歴
1. 2017/04~ ノートルダム清心女子大学 人間生活学部 食品栄養学科 教授
2. 2016/04~2017/03 東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 准教授
3. 2011/05~2012/03 シドニー大学 オーストラリア顕微鏡・微量解析センター 客員研究員
4. 2011/05~2012/03 The University of Sydney, Australian Centre for Microscopy & Microanalysis Visiting Scholar
5. 2009/04~2013/09 つくば国際大学 医療保健学部 保健栄養学科 非常勤講師
全件表示(10件)
■ 主要学科目
生化学・基礎栄養学
■ 著書・論文歴
1. 2018/03 著書  マッキー生化学 -分子から解き明かす生命- 第6版 (共著) 
2. 2017 論文  玄米の長期継続摂取(90日間)による血中コレステロール値低減効果の検証 (共著) 
3. 2016 著書  Nブックス 新版 食品学Ⅱ (共著) 
4. 2016 論文  High dietary fat-induced obesity in Wistar rats and type 2 diabetes in nonobese Goto-Kakizaki rats differentially affect retinol binding protein 4 expression and vitamin A metabolism (共著) 
5. 2016 論文  Metabolic abnormalities induced by mitochondrial dysfunction in skeletal muscle of the renal carcinoma Eker (TSC2+/-) rat model (共著) 
全件表示(43件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2019/04  キノリン酸蓄積型慢性腎臓病モデルの提唱とそれに基づく「腎」を守る食品成分の探索 基盤研究(C) 
2. 2014/05~2015/05  「蛍光標識化イソフラボンを用いた機能性食品成分の時空間的機能評価」 その他の補助金・助成金 
3. 2014/04~2015/03  「蛍光標識化コーヒーポリフェノールを用いた大腸癌増殖抑制機構の視覚化」 その他の補助金・助成金 
4. 2013/12~2014/10  「レスベラトロールの蛍光標識化と細胞内動態追跡」 その他の補助金・助成金 
5. 2013/12~2014/10  「蛍光標識機能性食品成分の新規細胞内動態追跡システムの構築」 その他の補助金・助成金 
全件表示(11件)
■ 講師・講演
1. 2019/06 これでスッキリ!レジスタントスターチと食物繊維について学ぼう(ライフパーク倉敷 倉敷市民学習センター)
2. 2019/02 吉備創生カレッジ 科学講座「食品と栄養のミクロの科学」第2回「疲労と栄養 ~疲れたあなたに栄養を~」
3. 2019/01 『脂質・アミノ酸代謝異常と慢性腎臓病~「腎」を守る機能性食品の創出を目指して』(岡山ロイヤルホテル)
4. 2018/12 “Nutraceuticals”の新潮流 ~機能性食品の現状・課題・未来~(岡山)
5. 2018/12 「一日でも長く美味しく☆食材の保存方法について正しく学ぼう!」(岡山県倉敷市)
全件表示(7件)
■ 受賞学術賞
1. 2017/06 (一社)日本食品保蔵科学会 平成29年度論文賞
2. 2015/11 氷川フォーラム優秀演題賞
3. 2009/05 日本食生活学会奨励賞
■ 所属学会
1. 日本農芸化学会
2. 2007/03~2007/03 ∟ 日本農芸化学会2007年度大会 実行委員
3. 2017/04~ ∟ 中四国支部 参与
4. 日本栄養・食糧学会
5. 2018/05~ ∟ 参与
全件表示(42件)
■ 社会における活動
1. 2016/07 機能性食品成分の「見える化」~ポリフェノールの細胞内での「動き」をとらえよう~
2. 2015/11 「慢性腎臓病について知ろう」
3. 2015/10 食品の生産・製造・機能について~⑤ぶどうについて~
4. 2015/04 「栄養生化学から見たバイオテクノロジー」
5. 2014/12 食品の生産・製造・機能について~③鍋などに使われる野菜~
全件表示(13件)
■ 委員会・協会等
1. 2018/09~ おかやまバイオアクティブ研究会 会員
2. 2018/04~ 岡山県食品新技術応用研究会 協力会員
3. 2017/07~ NPO法人 食べて元気しあわせネットワーク 理事