アカギ マサノブ   AKAGI Masanobu
  赤木 雅宣
   所属   ノートルダム清心女子大学  人間生活学部 児童学科
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2018/02
形態種別 研究論文
標題 「書くこと」への苦手意識をもたさない指導のあり方 -初めて作文を書く1年生・入門期の指導から-」
執筆形態 単著
掲載区分国内
出版社・発行元 ノートルダム清心女子大学紀要(人間生活学・児童学・食品栄養学編)
巻・号・頁 42(1),75-92頁
概要 書くこと(内容)と書き方(方法)をつかんだ子どもは、自分のしたことや見たことを話し始める。口頭での言葉(文)を書き言葉に置き換えていくのが、入門期指導の基本である。「①書くことはたくさんある ②詳しく書ける ③1文に1つのことを書く ④「したこと」や「見たこと」は書きやすい」を自覚させ、苦手と感じる隙間をつくらないことが大切ではないだろうか。