ナガハマ タカヒコ   NAGAHAMA Takahiko
  長濱 統彦
   所属   ノートルダム清心女子大学  人間生活学部 食品栄養学科
   職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2012
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 The Hadal Amphipod Hirondellea gigas Possessing a Unique Cellulase for Digesting Wooden Debris Buried in the Deepest Seafloor
執筆形態 共著
掲載誌名 PLoS ONE
掲載区分国外
巻・号・頁 7(8, e42727)
概要 査読あり原著論文、共著。世界最深のマリアナ海溝などに生息するヨコエビの1種、カイコウオオソコエビは、生物量の乏しい超深海において、何をエネルギー源としているかこれまで謎であった。このヨコエビにおける酵素活性を調べることで、繊維質を糖類に効率的に変える新たなセルラーゼを発見すると同時に。カイコウオオソコエビの食性の謎を突き止めることに成功した。また、本酵素は新規性が高く、バイオマス(生物資源)を基にした燃料や食料の生産に応用が期待できる。本研究は多くのマスコミに取り上げられ大きな話題となった。共著者:Kobayashi, H., Hatada, Y., Tsubouchi, T., Nagahama, T., & Takami, H.]