photo
    (最終更新日:2021-06-09 12:01:47)
  キムラ タカヒコ
  木村 隆彦
   所属   保健医療学部 救急救命学科
   職種   教授
◆ 学部名/ユニット名/講座名
1. 2021/04~ 明治国際医療大学 保健医療学部 救急救命学科 教授
2. 2020/04~ セント ガブリエル メディカル センター 安全管理者
3. 2020/02~ (株)水難総合研究所 代表取締役
4. 2019/07~ セント ガブリエル カレッジ 客員教授
5. 2019/04~ フィリピン共和国カリボ地方政府 災害対策室 監督者兼署長
全件表示(16件)
◆ メールアドレス
  kyoin_mail
◆ 著書・論文歴
1. 2013/12 著書  水難時着衣泳の救命効果の工学的検証(博士論文)   (単著) 
2. 2003/06 論文  溺死予防のための着衣泳普及 日本臨床救急医学会雑誌 6巻(3号),274-280頁 (共著) 
3. 2011/03 論文  極低温環境における着衣泳時の自律神経系動態評価 新潟体育学研究 29巻(1号),107-111頁 (共著) 
4. 2013/03 論文  牽引泳による着衣時水泳運動の動力学的負荷 運動とスポーツの科学 19巻(1号),207-212頁 (共著) 
5. 2013/09 論文  Construction of a multiple-regression model for estimating force in tethered swimming and power in semi-tethered swimming for male (Tethered Swimming時牽引力及びSemi-Tethered Swimming時パワーを推定する男子重回帰モデル作成の試み) Procedia Engineering 60巻(0号),275-280頁 (共著) 
全件表示(36件)
◆ 学会発表
1. 2002/04 予防救急としての着衣泳普及-溺水のChain of Survivalの確立を目指して-ワークショップⅠ(第5回日本臨床救急医学会総会・学術集会)
2. 2003/01 着衣泳普及の必要性と消防職員の役割:ビデオセッション(第11回全国救急隊員シンポジウム)
3. 2005/07 救急隊員パネルディスカッション(第92回近畿救急医学研究会)
4. 2011/01 低温環境条件下での着衣泳時の生理応答(生体情報処理と高度情報処理シンポジウム)
5. 2011/05 Collaboration with JICA to Promote Uitemate Worldwide(JIKA連携「ういてまて」世界啓発活動)(World Conference on Drowning Prevention 2011 in Vietnam)
全件表示(35件)
◆ 受賞
1. 2017/05 日本赤十字社 社長特別表彰
2. 2015/11 日本赤十字社 兵庫県支部長感謝状 (救急法等指導功労)
3. 2014/09 赤穂市 市長特別表彰 優良職員
4. 2014/09 赤穂市民病院学会 優秀賞
5. 2014/03 全国消防長会 会長表彰 勤続功労
全件表示(13件)
◆ researchmap研究者コード
0090908401