(最終更新日:2021-05-17 10:56:20)
  ホシ トモジ   HOSHI TOMOJI
  星 伴路
   所属   鍼灸学部 鍼灸学科
   職種   准教授
◆ 学部名/ユニット名/講座名
1. 2021/04~ 明治国際医療大学 基礎教養講座 自然科学ユニット 准教授
2. 2020/04~ 明治国際医療大学 鍼灸学部 鍼灸学科 准教授
3. 2019/04~2021/03 明治国際医療大学 医学教育研究センター 自然科学ユニット 准教授
◆ 学歴
1. ~2002/03 明治鍼灸大学大学院 鍼灸学研究科 鍼灸学専攻修了 博士後期課程
◆ 著書・論文歴
1. 2008/01 論文  実験的骨折モデル作成の試み 柔道整復・接骨医学 第16巻(2号),61-66頁 (共著) 
2. 2006/07 論文  ラット肉離れ in vivo 実験装置の開発:主に筋張力の変化を指標として 柔道整復・接骨医学 第14巻(4号),269-279頁 (共著) 
3. 2005/10 その他  (報告書)柔道実技に関するアンケート調査(1) 季刊 東洋医学 42号(Vol.11 No.4),22-24頁 (共著) 
4. 2005/05 論文  医療用熱可塑性プラスチックの反復使用における強度耐性について 柔道整復・接骨医学 第13巻(4号),362-370頁 (共著) 
5. 2004/12 論文  Localized Short Elastic Tape Affects the Ham-string Reflex on Anterior Cruciate Ligament Defi-cient Knee
(局所的な短伸縮テープ貼付が前十字靱帯欠損膝の屈筋反射に及ぼす影響) Bulletin of the Osaka Medical College Vol.50(1,2.),7-11頁 (共著) 
全件表示(17件)
◆ 学会発表
1. 2020/03 神経変性疾患に関与するNRSF/RESTとその結合タンパク質Ifi203の海馬における局在解析(第125回日本解剖学会総会・全国学術集会)
2. 2007/06 腸腰筋への鍼通電が体重減少に及ぼす影響-1ヶ月間の鍼通電による予備的研究-(全日本鍼灸学会第56回(社)全日本鍼灸学会 学術大会)
3. 2007/06 肥満の被験者に対して腸腰筋への鍼通電を試みた一症例(全日本鍼灸学会第56回(社)全日本鍼灸学会 学術大会)
4. 2005/12 ラット肉離れ in vivo 実験装置の開発(日本柔道整復接骨医学会第14回日本柔道整復接骨医学会総会)
5. 2005/12 実験的骨折モデル作成の試み(日本柔道整復接骨医学会第14回日本柔道整復接骨医学会総会)
全件表示(29件)
◆ 学会活動
1. 1997/05~ 全日本鍼灸学会
◆ 担当授業科目
1. 2019
基礎系総合演習(一部)
2. 2019
総合演習(一部)
3. 2019
解剖学Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅴ
4. 2019
解剖学実習