(最終更新日:2021-06-11 19:26:21)
  アサヌマ ヒロシ   ASANUMA HIROSHI
  浅沼 博司
   所属   保健医療学部 救急救命学科
   職種   教授
◆ 学部名/ユニット名/講座名
1. 2021/04~ 明治国際医療大学 臨床医学講座 内科学ユニット 教授
2. 2017/04~ 明治国際医療大学 保健医療学部 救急救命学科 教授
3. 2016/04~2021/03 明治国際医療大学 医学教育研究センター 内科学ユニット 教授
◆ 学歴
1. 1987/04~1993/03 川崎医科大学 卒業 学士 (医学)
2. 1999/04~2003/03 大阪大学大学院 医学系研究科 循環器内科学 博士課程修了 博士
◆ 著書・論文歴
1. 2020/06/20 論文  Arterial stiffening is a crucial factor for left ventricular diastolic dysfunction in a community-based normotensive population Int J Cardiol Hypertens. 6,pp.100038 (共著) 
2. 2020/04 論文  Difference in the prevalence of subclinical left ventricular impairment among left ventricular geometric pattern in a community-based population J Cardiol. 75(4),pp.439-446 (共著) 
3. 2019/07 論文  Endogenously released adenosine causes pulmonary vasodilation during the acute phase of pulmonary embolization in dogs. Int J Cardiol Heart Vasc. 24,pp.100396 (共著) 
4. 2019/06 論文  AST-120, an Adsorbent of Uremic Toxins, Improves the Pathophysiology of Heart Failure in Conscious Dogs. Cardiovasc Drugs Ther. 33(3),pp.277-286 (共著) 
5. 2019/04 論文  A dipeptidyl peptidase-IV inhibitor improves diastolic dysfunction in Dahl salt-sensitive rats J Mol Cell Cardiol. 129,pp.257-265 (共著) 
全件表示(197件)
◆ 学会発表
1. 2019/12/15 CHOP knockdown reduced atherosclerosis in apolipoprotein E-knockout mice(第36回 国際心臓研究学会日本部会)
2. 2019/12/15 Effects of endogenous adenosine on hemodynamics in experimental acute pulmonary embolization(第36回 国際心臓研究学会日本部会)
3. 2019/12/15 Hypoxia upregulates cartilage intermediate layer protein 1 (CLIP-1) and contributes to the suppression of TGF-β signaling in cardiac fibroblasts(第36回 国際心臓研究学会日本部会)
4. 2019/12/14 Alternative splicing of Mtus1 mRNA affects cardiac hypertrophy and heart failure(第36回 国際心臓研究学会日本部会)
5. 2019/12/14 Deleterious effects of indoxyl sulfate on the pathophysiology of heart failure and its removal for the possible novel therapeutic strategy(第36回 国際心臓研究学会日本部会シンポジウム)
全件表示(79件)
◆ 研究テーマ
1. 2020/01~  遠隔虚血プレコンディショニングによる心不全進展抑止および改善効果の検討 その他の補助金・助成金 
2. 2018/04~  SGLT2阻害薬による心不全改善効果のメカニズム解明と新しい心不全治療法の開発 基盤研究(C) 
3. 2014/04~2017/03  心腎連関を考慮した新しい心不全治療の開発 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2015/03  DPP-4阻害薬によるアデノシンの心血管保護を介した新しい心不全治療の開発 基盤研究(B) 
5. 2011/04~2014/03  心不全の基礎疾患と病期を考慮した新しい包括的心不全治療法の開発 基盤研究(C) 
全件表示(8件)
◆ 受賞
1. 2021/04 明治国際医療大学 明治国際医療大学 ベストティーチャー賞
2. 2021/01 日本循環器学会 2020 Circulation Journal Best Reviewer Award
3. 2020/01 日本循環器学会 2019 Circulation Journal Best Reviewer Award
4. 2019/01 日本循環器学会 2018 Circulation Journal Best Reviewer Award
5. 2018/04 明治国際医療大学 明治国際医療大学 パブリシティ・オブ・ザ・イヤー賞
全件表示(16件)
◆ 学会活動
1. 1993/06~ 日本内科学会
2. 1993/04~ 日本循環器学会
3. 2005/09~2011/09 ∟ 学術集会 演題査読委員
4. 2013/08~2015/06 ∟ 第119回 近畿地方会 副事務局長
5. 2014/09~ ∟ 学術集会 演題査読委員
全件表示(26件)
◆ 担当授業科目
1. 2019
救急処置実習
2. 2019
疾病治療総論
3. 2019
疾病治療論I
4. 2019
臨床医学総論
5. 2019
生活習慣病とその予防
全件表示(6件)
◆ 社会における活動
1. 特定臨床研究 2型糖尿病患者の左室拡張機能に対するテネリグリプチンの予防・抑制効果に関する臨床試験(TOPLEVEL試験) データモニタリング責任者
2. 2019/11~ 月刊雑誌「心臓」 Advisory Board
3. 2019/04~ 京都中部総合医療センター 医学研究審査委員会委員
4. 2019/01~ 持続性心房細動症例に対して追加通電の有無が心房細動再発に及ぼす影響に関する研究 (ERANEST-PVI試験)イベント評価委員
5. 2018/04~ 「Circulation Reports」 Associate Editor
全件表示(11件)
◆ 学内外の委員会活動
1. 2019~ 明治国際医療大学附属病院 副病院長 (併)内科部長
2. 2018/12~2019/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
3. 2018/09~ 明治国際医療大学 メディカルコントロール委員会 副委員長
4. 2016/12~2017/11 独立行政法人日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
5. 2014/04~ 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター 専門調査員
◆ 講師・講演
1. 2015/06 他臓器連関を考慮した心不全治療(山梨県)
2. 2011/02 薬剤による不全心筋保護作用(京都市)
3. 2009/12 急性心不全に使用する静注薬の使い分け(大阪府羽曳野市)
4. 2008/11 虚血心筋保護 –基礎から臨床-(大阪市)
5. 2007/12 特発性拡張型心筋症 -治療と日常生活の注意点-(大阪府枚方市)
全件表示(11件)
◆ 資格・免許
1. 1993/06 医師免許
2. 2006/12 日本内科学会 総合内科専門医
3. 2004/03 日本循環器学会 循環器専門医
4. 1998/09 日本医師会 認定産業医
5. 2009/09 日本心臓病学会 心臓病上級臨床医
全件表示(9件)
◆ 現在の専門分野
循環器内科学 (キーワード:急性心筋梗塞、心不全、薬物療法、トランスレーショナル研究、心筋保護)