(最終更新日:2021-03-26 13:13:17)
  エガワ マサト   EGAWA MASATO
  江川 雅人
   所属   鍼灸学部 鍼灸学科
   職種   特任教授
◆ 学部名/ユニット名/講座名
1. 2017/04~ 明治国際医療大学 鍼灸学部 鍼灸学科 特任教授
◆ 学歴
1. 2004/03
(学位取得)
明治鍼灸大学大学院 博士
2. 1990/04~1992/03 明治鍼灸教員養成施設 卒業
◆ 著書・論文歴
1. 2020/11/01 論文  頻尿・夜間尿のツボ療法 広報わかさ (2020年11月号) (単著) 
2. 2020/10 論文  冷えに対する鍼灸治療−再発卵巣がん患者の冷え症状への治療から− 鍼灸OSAKA 36(2),39-44頁 (単著) 
3. 2020/09/01 論文  アトピー性皮膚炎のツボ療法 広報わかさ (2020年9月号) (単著) 
4. 2020/07/01 論文  頚肩のこり・痛みのツボ療法 広報わかさ (2020年7月号) (単著) 
5. 2020/05/01 論文  冷え性のツボ療法 広報わかさ (2020年5月号) (単著) 
全件表示(113件)
◆ 学会発表
1. 2020/10 経穴刺激の脊髄・脳機能—パーキンソン病患者の治療効果—(日本臨床神経生理学会)
2. 2020/09/24 温泉利用が鍼灸治療の効果に与える影響(明治国際医療大学全学ポスターワークショップ2020)
3. 2019/05/10 サルコペニアを発症したパーキンソン病に対する鍼治療−運動療法を併用した一例−(第68回 全日本鍼灸学会学術総会)
4. 2019/05/10 フレイルに対する鍼灸治療に関する研究−フレイルの因子に対する鍼灸治療の影響−(第68回 全日本鍼灸学会学術総会)
5. 2019/05/10 フレイルに対する鍼灸治療に関する研究−鍼灸院に来院する高齢者のフレイルの状況−(第68回 全日本鍼灸学会学術総会)
全件表示(258件)
◆ 研究テーマ
1. 2020/04  温泉利用が鍼灸治療の効果に与える影響 個人研究 
◆ 学会活動
1. 2018~ 日本サルコペニア・フレイル学会
2. 2008~ 日本抗加齢医学会
3. 1988/04~ 全日本鍼灸学会
◆ 講師・講演
1. 2020/12/05 アトピー性皮膚炎に対する鍼灸治療と病鍼連携(福井県若狭町(WEB開催))