キムラ ケイサク   KIMURA KEISAKU
  木村 啓作
   所属   鍼灸学部 鍼灸学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007
形態種別 研究論文
標題 体表から得られる筋の硬さと血行動態の変化.
執筆形態 共著
掲載誌名 日本健康科学学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 23,54-63頁
著者・共著者 木村啓作、和辻直、篠原昭二、有馬義貴
概要 硬さ情報(弾性値、反発率)の変化のメカニズムを明らかにするために、1)硬さと筋収縮、2)硬さと筋疲労、3)筋疲労と血行動態との関係について検討した。その結果、1)弾性値と筋電図積分値との間には有意な相関を認めたが、反発率では認められなかった。2)弾性値は運動負荷直後に一過性に増加し、その後早期に減少した。反発率は負荷直後から増加し、その増加は60分後まで維持した。3)総Hb値、Oxy-Hb値は負荷後から増加し、60分後まで維持する傾向を示した。以上より、弾性値は筋収縮、反発率は血行動態が変化要因の一つであることが示唆された。