キムラ ケイサク   KIMURA KEISAKU
  木村 啓作
   所属   鍼灸学部 鍼灸学科
   職種   講師
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2012
形態種別 研究論文
標題 鍼通電刺激が反復運動誘発性酸化ストレスに及ぼす影
執筆形態 共著
掲載誌名 全日本鍼灸学会雑誌
掲載区分国内
巻・号・頁 62(1),38-46頁
著者・共著者 堀之内貴一、林 知也、木村啓作、片山憲史、矢野忠
概要 スポーツにおいては日々の反復運動が必須となる。本実験では反復運動誘発性酸化ストレスに対する鍼通電刺激の影響について検討を行った。健常成人男性6名を対象とし、同一被験者に対して無刺激対照群(CONT群)、鍼通電刺激群(EA群)の2群を設けた。運動負荷には自転車エルゴメータを用いて、高強度の一定負荷運動を20分間連続して3日間行わせた。指標にはBLLとLP、疲労感のVASを用いた。同一条件下で3日間連続して実施し、EAは両側内側広筋に2 Hz、10分間、3日間各日の負荷前に行った。BLLはEA群負荷中・直後の3日間でともに低値の傾向を示した。負荷後のLPは、CONT群に比しEA群で3日間ともに低値の傾向を示した。疲労感のVASは、負荷直後値がCONT群に比しEA群で有意に低値を示した。運動負荷中・直後のBLLと負荷後のLPは、CONT群よりもEA群で低値の傾向を示したことから、EAが血流や代謝効率の促進などによりLP増加を抑制させ、疲労感を減少させる可能性が考えられた。以上より、EAは反復運動によって誘発される酸化ストレスの蓄積や全身疲労感を抑制する可能性が示唆された。