ムロヤ シン   Shin.MUROYA
室谷 心

  • 所属   松本大学  総合経営学部 総合経営学科
  • 職種   教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2015/05
形態種別 研究論文
標題 Lattice QCD study of four-quark components of the isosinglet scalar mesons: Significance of disconnected diagrams
執筆形態 共著
掲載誌名 Phys. Rev. D 91, 094508
巻・号・頁 D91,pp.094508
著者・共著者 Masayuki Wakayama, Teiji Kunihiro, Shin Muroya, Atsushi Nakamura, Chiho Nonaka, Motoo Sekiguchi, and Hiroaki Wada (SCALAR Collaboration)
概要 共同研究のため担当部分抽出不可能。
Improved ゲージ作用とクローバ型improved ウィルソンフェルミオン作用を用いた2-flavor full-QCD格子ゲージ理論の数値シミュレーションで、中性スカラー中間子の研究を行った。ここでは、通常の2-クォーク演算子に加え、4-クォーク演算子、分子型演算子も考慮に入れて計算を行った。いずれの演算子を用いた場合であっても、真空と同じ量子数であるために特徴的に表れる非接続グラフが、中性スカラー中間子の伝播に重要な影響を与えることを明らかにした。

研究者情報へ戻る