カネムラ トモヤ   Tomoya.KANEMURA
兼村 智也

  • 所属   松本大学  総合経営学部 総合経営学科
  • 職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2013/08
形態種別 研究論文
標題 日中問題が日系進出企業におよぼす影響と示唆-長野県企業を事例に-
執筆形態 単著
掲載誌名 地域総合研究
掲載区分国内
出版社・発行元 松本大学地域総合研究センター
巻・号・頁 (第14号Part1),7-15頁
概要 長野県企業による海外進出の約7割が中国だが,本稿では一連の「日中問題」がこうした進出企業にどのような影響を及ぼしているのかをみた.その結果,影響は軽微であり,理由として進出企業のビジネスが①中国が市場ではない(輸出向け),②幅広い製品分野からの受注で特定分野での影響を回避,③日系以外から受注,④供給者が日系企業のみ,があることを指摘した.今後についても中国ビジネスを進める県内企業が大多数であり,チャイナリスク回避のうえでも③が重要であることを指摘した.

研究者情報へ戻る