フジオカ ユミコ   Yumiko.FUJIOKA
藤岡 由美子

  • 所属   松本大学  人間健康学部 健康栄養学科
  • 職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/02
形態種別 研究論文
査読 査読あり
標題 Multi-glycoside of Tripterygium Wilfordii Hook. f. Ameliorates Proteinuria and Acute Mesangial Injury Induced byAnti-Thy1.1 Monoclonal Antibody.
執筆形態 共著
掲載誌名 Nephron Experimental Nephrology.
掲載区分国外
巻・号・頁 Vol.99(No.4),121-9頁
著者・共著者 Wan Y, Gu L,Suzuki K, Fujioka Y and etc.
概要 漢方薬のGTWは、可逆性腎炎モデルにおいて傷害性サイトカインの発現を抑制することにより蛋白尿だけでなく、メサンギウム傷害を改善した。これによりGTWは、糸球体における急性期の炎症性変化を抑制することが示唆された。

研究者情報へ戻る