フジオカ ユミコ   Yumiko.FUJIOKA
藤岡 由美子

  • 所属   松本大学  人間健康学部 健康栄養学科
  • 職種   准教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2005/12
形態種別 研究論文
招待論文 招待あり
標題 Early Intervention in Reducing Dietary Protein Intake Ameliorates Irreversible Mesangioproliferative Glomerulonephritis in Rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 Acta Medica et Biologica.
掲載区分国内
巻・号・頁 Vol.53(No.4),95-107頁
著者・共著者 Fujioka Y Suzuki K Nakatsue T and etc.
概要 メサンギウム増殖性腎炎モデルにおいて、低タンパク食はどのような機序で、病態の進展抑制するのかを検討した。蛋白尿やTGF-βのような繊維化や硬化を促進する因子や、傷害を受けたことにより増大するcollagen type-I 、α-SMAの発現を低減させた。病態の早期における低タンパク食の介入は、慢性腎不全への進行を抑制するために有効であることが示唆された。

研究者情報へ戻る