カワノ フミノリ   Fuminori.KAWANO
河野 史倫

  • 所属   松本大学大学院  健康科学研究科 健康科学専攻
  •    松本大学  人間健康学部 スポーツ健康学科
  • 職種   准教授
言語種別 英語
発行・発表の年月 2018/10
形態種別 研究論文(学術雑誌)
査読 査読あり
標題 Amount of daily exercise is an essential stimulation to alter the epigenome of skeletal muscle in rats.
執筆形態 共著
掲載誌名 J Appl Physiol
掲載区分国外
巻・号・頁 125,pp.1097-104
著者・共著者 Ohsawa I, Konno R, Masuzawa R, Kawano F
概要 慢性的な運動によるヒストンの置き換わりを誘発するために必要な運動条件を検討した。1日30分のトレッドミル走運動を8週間(Run-1)、1日15分で8週間(Run-2)、1日60分で4週間(Run-3)のいずれかの運動をラットを用いて実施した。ヒストン置き換わりの促進を表すH3.3バリアントのヌクレオソームへの取り込み増加はRun-1のみで誘発された。その他の条件ではアセチル化ヒストン分布の集積が認められた。以上の結果から、ヒストン置き換わりは運動量に依存して誘発されることが分かった。
DOI 10.1152/japplphysiol.00074.2018

研究者情報へ戻る